楽天ゴールドカードへの切り替え方法!キャンペーンはいつ?注意点など完全ガイド

楽天ゴールドカードに切り替えたい。

楽天カードよりも楽天ゴールドカードがどうやらお得らしい、と噂を小耳に挟んだ人はそう思っているはずです。

ただ切り替えといっても審査自体は通常申し込みと同じ基準で行われます。(以下記事参照)

この記事では楽天ゴールドカードへの切り替え方法やキャンペーン、メリット&デメリットをまとめました。

楽天ゴールドカードへの切り替え方法

楽天カードのワンランク上に位置する楽天ゴールドカード。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
魅力はそのままに、年会費無料の楽天カードにはないゴールドカードならではの特典がたくさん。
  • 節約◎
  • 高コスパ
  • 電子マネー
  • 買い物◎
初年度年会費 2年目~年会費 還元率 電子マネー等
2,000円 2,000円 1.00~5.00%
  • Edy
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 楽天市場などで5.0%という驚異的なポイント還元率になる
  • 国内の主要空港、ハワイ&韓国の空港ラウンジを無料で利用できる
  • ETCカードの年会費が無料になる
  • 年会費の割に海外旅行保険の補償額が大きい
  • Edy搭載、Apple Pay利用可とキャッシュレスにも◎
  • ANAマイルを貯めるのにも適している
  • ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大
  • 年会費が税別2,000円かかる
  • ゴールドカードの中では比較的ステータスは低め
  • 券面がややピンクゴールド寄りなので人を選ぶデザイン
  • 家族カードの年会費が楽天プレミアムカードと同じ
  • Edyより絶対にnanaco!という人には向かない

まずは切り替え方法や審査にかかる時間を見ていきましょう。(切り替えのメリット&デメリット・キャンペーンは後述します。)

楽天ゴールドカードにするメリット
楽天市場でのポイント還元率アップ、空港ラウンジなどメリットはさまざま。じっくり比較したい場合は下記記事をご覧ください。
楽天ゴールド公式

切り替え方法:楽天e-NAVIからかんたん

楽天カード→楽天ゴールドカードへの切り替えは、楽天e-NAVIから3ステップでかんたんにできます。

  1. 楽天e-NAVIにログイン
  2. 申し込み(カード/サービス)でカードの追加・切り替えを選択
  3. 楽天ゴールド カードを選択

あとはお手持ちの楽天カードの情報を入力するだけです。

楽天銀行カードや楽天ピンクカード、楽天ANAマイレージクラブカード、などなどその他の券種からの切り替えも同様です。

切り替え手数料は無料
楽天ピンクカードや楽天ANAマイレージクラブカードへの切り替えは、手数料が1,100円(税込)かかります。

しかし、楽天ゴールドへの切り替え手数料は完全に無料です。

切り替え手数料
楽天ピンクカード 1,100円(税込)
楽天ANAマイレージクラブカード 1,100円(税込)
楽天ゴールドカード 無料

切り替え審査時間:最短1分〜5・6時間

「切り替え」と言っても、審査自体は新規申し込み時と同様に行われます。

審査時間は最短で1分

ただここまで早いケースはかなり稀で、だいたいは5,6時間はかかるイメージです。

何はともあれ、スコアリング点数が高い人(審査に問題がない人)は、平日の営業時間内に申し込めば、まずその日のうちに審査が終わるでしょう。(審査基準に関しては「デメリット1.再度審査が行われる」で後述)

届くまでの期間:4〜7日間

楽天ゴールドカードへの切り替え審査が終わると「発行手続き完了のお知らせ」というメールが届きます。(審査結果自体はメールで届きません。)

そこには以下のような文言が。

カードはお申し込みから通常1週間でのお届けとなりますが、年末年始やゴールデンウィークなどの連休が重なる場合や、審査状況や配送地域により、通常よりもカードのお届けが遅れる場合がございます。

連休が重なる日以外は審査終了から1週間以内に届くと捉えて良さそうですね。

Twitter上で情報収集したところ、どうやら最短で4日で届くみたいですよ!

新しいカードが届いたら、すぐに以前使っていた楽天カードを破棄しましょう。

銀行口座やETCカードは以前使っていたものがそのまま引き継がれるので、特になにもしなくて大丈夫です。

楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード

使い勝手の良い楽天カードがパワーアップしたゴールドカード。空港ラウンジが使えるほか、楽天市場で3.0%→5.0%になるので、単純計算で毎月9,000円以上を楽天市場で買い物するならこちらの方がお得ですね。コスパが非常に高いので、ステータスよりも実益重視の方におすすめの一枚です。

24時間スマホでも申し込み可!楽天ゴールドカード公式サイトをみる

楽天ゴールドカードへの切り替えキャンペーン

楽天ゴールドカードへの切り替えキャンペーンについて解説していきます。

現在実施中のキャンペーンはありませんが、過去には3,000〜5,000ポイントもらえたことも

切り替えキャンペーンは基本的にない

新規入会では5,000〜10,000ポイントの楽天スーパーポイントをもらえる楽天ゴールドカード。

しかし、楽天カードなどからの切り替えでは基本的にキャンペーンはなく、ポイントはもらえません

ただ開催事例が全くないわけではなく、稀に切り替えキャンペーンで3,000〜5,000ポイントもらえることがあります。(くわしくは「過去の楽天ゴールド切り替えキャンペーン」で後述)

楽天ゴールド公式

インビテーションで1,000〜3,000ポイントもらえることも

楽天カードをしばらく使っていると、楽天ゴールドカードのインビテーションが届きます。

そのインビテーション用紙に1,000〜4,000ポイントの切り替えキャンペーンの案内が記載されていることがあるんですね。

稀に開催されるキャンペーンよりは少なめの傾向がありますが、全くもらえないよりはマシなので、インビテーションを待つのも1つの手でしょう。

楽天プレミアムは切り替えキャンペーンあり
楽天ゴールドカードのワンランク上に位置する楽天プレミアムカードでは、切り替えキャンペーンがあり5,000ポイントもらえます

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
オールマイティな楽天カードの二ランク上のゴールドカード。ポイント還元率と充実したサービスを見事に両立。
  • 高コスパ
  • 海外◎
  • 電子マネー

通常の楽天カードだけでなく、楽天ANAマイレージクラブカードや楽天PINK(ピンク)カードからの切り替えも対象。

もらえるのは期間限定ポイントですが、キャンペーンがないよりは全然マシですね。

過去には3,000〜5,000ポイントの切り替えキャンペーンあり

過去に行われた楽天ゴールドカードへの切り替えキャンペーンは以下のとおり。

開催期間 ポイント数
2016年 11月18日〜21日 3,000ポイント
12月12日〜29日 3,000ポイント
2017年 10月13日〜27日 4,000ポイント
11月13日〜20日 5,000ポイント
2018年 2月9日〜19日 2,500ポイント(※)
2月19日〜26日 5,000ポイント
11月12日〜30日 3,000ポイント
2019年 2月18日〜25日 3,000ポイント
5月20日〜27日 3,000ポイント

※ダイヤモンド・プラチナ会員限定

回数や時期はかなり限られていますが、3,000ポイント〜5,000ポイントほどの切り替え特典がもらえたようですね。

2018年にはダイヤモンド・プラチナ会員限定の切り替えキャンペーンも開催されたみたいなので、日頃から楽天カードを使って会員ランクをあげておくようにしましょう。

切り替えキャンペーンのタイミングはいつ頃?

次回の楽天ゴールドの切り替えキャンペーン開催時期、こればっかりはかなり予想するのが難しいです...。

ただ、過去の開催時期を分析すると、なんとなくは以下のような傾向がありそうです。

  • 最近の傾向では3ヶ月おきに1週間ほど
  • キャンペーン開始日は月曜日が多い
  • 11月は3年連続キャンペーンが実施されている
    8,000ポイントキャンペーンの開催時期と酷似?
    通常の楽天カードでは新規入会で5,000ポイントですが、年に4,5回ほど8,000ポイントになる時期があります。

    この8,000ポイントキャンペーンと、楽天ゴールドカードの切り替えキャンペーンの開催時期が酷似しているんですよね。

    開催期間 日数
    2017年 2/20(月)~2/27(月) 7日間
    5/22(月)~5/29(月) 7日間
    8/21(月)~8/28(月) 7日間
    10/17(火)~10/27(金) 10日間
    11/10(金)~11/20(月) 10日間
    2018年 2/19(月)~2/26(月) 7日間
    5/16(水)~5/21(月) 7日間
    8/22(水)~8/27(月) 5日間
    11/12(月)~11/19(月) 7日間
    2019年 2/18(月)~2/25(月) 7日間
    5/20(月)~5/27(月) 7日間
    11/11(月)〜11/18(月) 7日間
    2020年 2/18(月)~2/25(月) 7日間
    11/9(月)〜11/16(月) 7日間
    12/14(月)〜12/21(月) 7日間
    2021年 2/15(月)~2/22(月) 7日間
    5/17(月)~5/24(月) 7日間
    11/15(月)〜11/22(月) 7日間

    多少例外はあるものの、8,000ポイントキャンペーン時は楽天ゴールドへの切り替え画面を確認してみるといいですよ!(CMでも大々的に宣伝しているので気付きやすいはず)

    楽天ゴールド公式

    楽天ゴールドカードに切り替える4つのメリット

    楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを表にまとめて見ました。

    楽天カード楽天カード 楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード
    年会費 無料 2,200円(税込)
    楽天市場でのポイント還元率 3% 5%
    空港ラウンジ 利用不可 国内29ヶ所
    海外ハワイ・韓国の2ヶ所
    利用限度額 100万円 200万
    紙の利用明細 82円 無料
    ETCカード年会費 550円(税込) 無料
    券面 シルバー ゴールド

    楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えるメリットは以下の4つです。

    1. 空港ラウンジを無料で使える
    2. 楽天市場での還元率が3%→5%にアップ
    3. ETCカードの年会費が550円(税込)→無料に
    4. 最高限度額が2倍の200万円に増える

    1.空港ラウンジを無料で使える

    楽天ゴールドカードでは、国内主要29空港とハワイ・韓国の空港ラウンジを無料(年2回まで)で利用できます。(くわしくは公式サイト「楽天ゴールドカードで利用可能な空港ラウンジ」

    いわゆるカードラウンジというもので、ソフトドリンク無料・WiFi完備。(那覇の空港ラウンジではシークワーサージュースが無料)

    空港に早く着きすぎても、ゆったり休憩できますし、充電も完備なので仕事もできますね。

    プライオリティパスはつかない
    楽天のゴールドカードには“プライオリティパス”が付いてくるって聞いたんだけど...。という人もいるでしょうが、間違い。

    それはさらにワンランク上の楽天プレミアムカードのことです。

    楽天プレミアムカード

    楽天プレミアムカード

    • VISA
    • Mastercard
    • JCB
    • American Express
    オールマイティな楽天カードの二ランク上のゴールドカード。ポイント還元率と充実したサービスを見事に両立。
    • 高コスパ
    • 海外◎
    • 電子マネー

    高級空港ラウンジを使い放題の“プライオリティパス”に興味がある人は、併せて検討してみましょう。

    2.楽天市場での還元率が3%→5%にアップ

    楽天カード特典の代名詞と言える、「楽天市場でのポイントアップ」。(SPUプログラム)

    楽天カード楽天カード 楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード
    通常時の還元率 1% 1%
    楽天市場での還元率 3% 5%

    普通の楽天カードでも3%とかなりの高還元率なんですが、楽天ゴールドではさらに+2%の5%還元に。

    楽天カード(楽天ゴールドカード)が楽天市場でポイント還元率が上がる仕組み

    楽天市場をよく使う人は、この特典だけで年会費の元を簡単に取れてしまうので切り替える価値があるでしょう。

    損益分岐点は月々9,000円
    年間100,800円楽天市場で買い物をすると、貯まるポイント数の差は2,160ポイントに。

    • 楽天カード:3,024ポイント
    • 楽天ゴールドカード:5,040ポイント

    これが損益分岐点です。

    つまり、月々にして9,000円以上楽天市場で使うなら、年会費以上のポイントが貯まるので、楽天ゴールドカードのほうがお得になります。

    楽天ゴールド公式

    3.ETCカードの年会費が550円(税込)→無料に

    楽天カードではETCカードの年会費が550円(税込)かかるのに対し、楽天ゴールドでは無料に。

    年会費550円(税込) 年会費無料 発行不可
    ・楽天カード
    ・楽天PINKカード
    楽天ANAマイレージクラブカード
    ・楽天銀行カード
    ・楽天ゴールドカード
    ・楽天プレミアムカード
    ・楽天カードアカデミー

    確かに通常の楽天カードでも、楽天会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」以上であれば、ETCカード年会費が無料になります。

    利用額が多い人なら楽天カードでも問題ないんですが、楽天ゴールドカードに切り替えれば最初から無料なので気楽ですね。

    4.最高限度額が2倍の200万円に増える

    最低限度額はどちらも5万ですが、最高限度額は楽天ゴールドが200万円と通常カードの2倍に。

    楽天カード楽天カード 楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード
    最低限度額 5万円 5万円
    最高限度額 100万円 200万円

    100万円以上の限度額が欲しい人は、楽天ゴールドを発行するべきでしょう。

    ただし切り替え直後に、急に限度額がアップすることは期待しないほうがいいです。(例えば10万円の限度額が、急に100万円になることはない)

    楽天ゴールド公式

    楽天ゴールドカードに切り替える時の注意点

    楽天ゴールドカードに切り替える際に注意する点やデメリットをまとめてみました。

    1. 再度審査が行われる
    2. カード番号や有効期限が変わる
    3. 家族カードの年会費が550円(税込)と有料に
    4. Edy残高が引き継がれない
    5. アメックスブランドを選択できない

    切り替え申し込み前に熟読して、不安点を解消しておきましょう。

    1.再度審査が行われる

    楽天ゴールドカードへの切り替えの際には、再度審査が行われます。

    そのため、楽天カードで返済遅延や延滞などをして、利用実績が悪い人は審査に落ちて発行できない可能性もあるんですよね。

    また、申し込み条件を満たしていない場合は、審査以前の段階で弾かれてしまうので注意が必要です。

    審査基準は優しめで主婦でもOK

    とはいえ楽天ゴールドカードの申し込み条件は「20歳以上で安定した収入があること」のみ。

    楽天カードよりは若干難しめですが、成人していれば主婦や、アルバイトの方でも難なく発行できることでしょう。

    楽天カードを滞りなく支払してる人は、社内クレヒスが積み上がっているため審査に通りやすいはずですよ。

    楽天ゴールド公式

    2.カード番号や有効期限が変わる

    楽天ゴールドカードに切り替えた場合、カード自体が全く新しいものになり、カード番号や有効期限が変わってしまいます

    仮に公共料金やAmazonなどの支払い源に、楽天カードを設定していた場合は、全て無効に。

    遅延や延滞の原因になるので、楽天ゴールドカードが手元に届き次第、すぐに登録情報を変更しましょう。

    3.家族カードの年会費が550円(税込)と有料に

    楽天ゴールドカードは家族カードの年会費が550円(税込)と有料に。

    楽天カード楽天カード 楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード
    本カード年会費 無料 2,200円(税込)
    家族カード年会費 無料 550円(税込)

    せっかく本体の年会費が安くても、家族が多ければ意外と維持費がかかりそうなので、切り替えの際には十分に考慮する必要があるでしょう。

    損益分岐点も上がる

    家族カードの発行枚数が増えるにつれて、楽天カードとの損益分岐点も上がっていきます

    家族カードの発行枚数 損益分岐点(楽天市場での利用額)
    0枚 9,000円/月
    1枚 11,250/月
    2枚 13,500円/月
    3枚 15,750円/月
    4枚 18,000円/月
    5枚 20,250円/月

    ただ家族カードでも、楽天市場で5%ですし、空港ラウンジを使えるので、それを考慮すると楽天ゴールドに切り替えてもお得になると言えるでしょう。

    4.Edy残高が引き継がれない

    楽天ゴールドカードに切り替えた場合、もともと使っていた楽天カードのEdy残高は引き継ぐことができないことには注意が必要です。

    ただ、切り替え後に楽天カードのクレジット機能自体は使えなくなっても、Edyとしては使えるはず。

    切り替え前でも後でもいいので、残高を使い切ってから破棄するようにしましょう。

    5.アメックスブランドを選択できない

    楽天カードではアメックスブランドを選択できますが、楽天ゴールドカードでは不可。

    楽天カード楽天カード 楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード
    VISA
    Mastercard
    JCB
    アメックス ×

    アメックスを使っていた場合は、切り替えの際にVISA・Mastercard・JCBのいずれかを選ぶ必要があります。

    とはいえ、ブランドごとにサービスの違いはほとんどないので、大きなデメリットではないですよ。

    楽天ゴールド公式

    楽天ゴールドカードへの切り替えのよくある質問

    楽天ゴールドカードの切り替えに関するよくある質問をQ&A形式でまとめました。

    • 切り替えできないのはなぜ?
    • 切り替え審査に落ちたらどうするの?

    Q.切り替えできないのはなぜ?

    ほとんどのケースでは、申し込み条件を満たしていないことが原因です。(20歳未満や学生など)

    ただ、稀に原因不明のエラーが発生することもあるみたいです。

    この場合は、楽天カードのカスタマーセンターに問い合わせて聞くようにしましょう。

    Q.切り替え審査に落ちたらどうするの?

    楽天ゴールドの切り替え審査に落ちてしまった場合は、まずは理由を究明することが先決です。

    大体は、年収や職業の面で支払い能力が低いと判断されたのだと思いますが...。

    審査落ちの情報は、個人信用情報機関に6ヶ月間残るので、再申し込みまでは最低でも半年空けるようにしましょう

    また審査難易度を下げて別のカードを申し込むのも、再申し込みの通過率を上げる有効な手段です。

    楽天ゴールド公式

    楽天ゴールドカードへの切り替えまとめ

    今回は楽天ゴールドカードへの切り替えについて、方法やキャンペーン、メリット&デメリットまで徹底解説しました。

    最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

    • 切り替えは楽天e-NAVIから無料で簡単にできる
    • 審査は最短1分、届くまでは最短4日と発行スピードにも定評あり
    • 年会費が2,200円(税込)と有料になるが、楽天市場での還元率がアップし、空港ラウンジも無料で使えるようになる
    • 基本的に楽天ゴールドの切り替えキャンペーンはない
    • 過去には3,000〜5,000ポイントの切り替えキャンペーンあり

    使う人によっては楽天カードよりも確実にお得になる楽天ゴールドカード。

    切り替えキャンペーンは基本的にないですが、ごくたまに3,000〜5,000ポイントあるので、定期的に公式サイトをチェックするといいですよ!

    楽天ゴールド公式
    おすすめの記事