イオンJMBカードのメリット・デメリット

イオンカードの中でも、イオンJMBカードはお得にJALマイルを貯められるカードとして人気となっています。

また、通常のイオンカード特典は受けられるため、魅力的なポイントもいっぱいです。

本記事では、そんなイオンJMBカードについてのメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

イオンJMBカードはこんな人におすすめ!

  • 年会費無料でマイルの貯まりやすいクレジットカードを作成したい人
  • 電子マネー「WAON」を使いたい人
  • イオンやマックスバリュなどイオングループを良く利用する人
  • イオンシネマを良く利用する人
  • 帰省などでたまに飛行機に搭乗する人

イオンJMBカードはイオンカードがJALマイレージバンク(JMB)と提携しているカードのため、他のイオンカードと異なり利用額に対してポイントではなくJALマイルが付与されます。

もちろんJALのフライトでもマイルがもらえ、さらにイオンでの優待日では数倍のマイルを手に入れることができます。

「そこまでマイルはいらないが、たまに使うので日々の生活でマイルが貯まったら嬉しい」

という感じで、帰省や旅行などでたまにJALを利用する人に最適なカードなんです。

こんな人には向かないかも・・・
イオンJMBカードで貯まるポイントはJALマイルだけになります。
その他にも「WAON」へのクレジットチャージやオートチャージや、一定額のマイルがたまったらWAONポイントに交換もできるものの、イオン系列ではないと買い物が難しくなってしまいます。
イオングループを利用しない人、飛行機に搭乗しない人もおトク感が少なくなるでしょう。
イオンカード公式サイト

イオンJMBカードの6つのメリット

  1. とにかくマイルが貯まりやすい
  2. 使いすぎを防げる「WAON」
  3. 「JALタッチ&ゴーサービス」が付いている
  4. 様々な施設でお得になる
  5. 安心安全の付帯保険と補償

ここからはイオンJMBカードにある5つのポイントを解説していきます。

流通系クレジットカードを検討している人は注目してみて下さい。

1.イオンJMBカードはとにかくマイルが貯まりやすい

利用によって直接マイルが貯まるクレジットカードの多くは年会費がかかりますが、イオンJMBカードはその中で珍しく年会費無料です。

イオンJMBカードでは利用代金200円ごとに1マイル付与されます。

JALのマイルの価値は交換先にもよりますが、特典航空券に交換すると1マイルあたり2〜5円の価値になるため、マイルを直接貯められるのはかなりお得なんですよ!

中でもイオングループの優待日では通常時の2〜5倍ポイントが付与されるため、イオンJMBカードでマイルを貯めるためには必ず覚えていきましょう。

毎月5のつく日はWAONでの支払いでマイル2倍

毎月5のつく日に開催している「お客様わくわくデー」の日にはイオングループの店舗で電子マネーWAONで支払いをすると2倍のマイルが付与されます。

つまり100円につき1マイル貯まるのでマイル還元率は1.0%となり、大変おとくなので積極的に「お客様わくわくデー」を活用しましょう。

毎月10日はマイル5倍

イオングループでは、日頃の感謝の気持ちを込めて毎月10日は「ありが10デー」とと題したイベントを実施しています。

お会計時にイオンJMBカードで支払うと200円ごとに5マイル、すなわち通常時の5倍マイルが貯まるのです。

さらっと5倍付与されると書きましたが、マイルを特典航空券に交換した場合を考えるとその還元率は10%前後となりかなりの高還元率です。

この「ありが10デー」での利用はイオンJMBカードの特典の中で1番注目するべきものなので、毎月10日にイオンでまとめてお買い物をしてしまいましょう。

MEMO

そもそも1マイルっていくらなの?

マイルは楽天ポイントやTポイントのように100円=1ポイントのように絶対的な値が決まっていません。
飛行機の移動距離、シーズンによって価値が変わっていきます。

例えば飛行機に乗るとき、ビジネスクラスであれば数十万かかるところをマイルであれば万単位でいけたりする…といったように価値が変わるのです。

うまくマイルをためれば、かなりお得に旅行を楽しむことができますね。

イオンカード公式サイト

2.もちろんイオンカードならではの割引も受けられる

お客さま感謝デーなら5%オフ

イオンJMBカードには毎月20/30日に実施される「お客さま感謝デー」では食料品・衣料品・暮らしの品がクレジットカード払い、または「WAON」で支払すると5%オフになる特典が付いています。

イオン、マックスバリュなどイオングループでショッピングする際は毎月20/30日を狙って来店すると良いでしょう。

MEMO

イオンでは、お客様がお得に買い物できるように様々なイベントが開催されています。なかでも、お客様感謝デーとお客様わくわくデーは混合しやすいです。

2つの違いは下記になります。

「お客様わくわくデー」:毎月5/15/25日 基本のポイントが2倍(イオンJMBの場合はマイルが2倍)

「お客様感謝デー」:毎月20/30日 食料品、衣料品、暮らしの品がクレジット払いを利用すると、レジにて5%オフ。

G.G感謝デーも5%オフ

イオングループでは 毎月15日に「G.G感謝デー」というサービスを実施しています。

このG.G感謝デーとは、55歳以上のイオンカード会員、家族カード会員は、毎月15日にイオンカードのクレジット払いでご請求時に5%OFFに、電子マネーWAONのお支払いはレジにて5%OFFになるというサービスです。

注意

G.Gマークがついていないカードでの割引適用は、事前にWAONステーションやイオン銀行ATMでG.G感謝デー対象カードへの変更手続きが必要です。

また、WEBからでも、イオンファイナンシャルサービスの「暮らしのマネーサイト」ではクレジットカードの切り替え手続きが行えます。
55歳を迎えた時は切替手続きを済ませておきましょう。

イオンカード公式サイト

エクスペディアでの旅行は割引あり

イオンカード会員が旅行予約サイト、エクスペディアを予約すると割引が受けられます。

海外ホテル 8%OFF
航空券+ホテル 2,500円OFF(ただし5万円以上利用の場合)

イオンカードの会員サイトに表示されるクーポンコードをエクスペディアでの予約時に割引コード欄に入力するだけなのでとっても簡単に利用できます。

もう既にエクスペディアを利用したことがある方はもちろん、旅行に行く機会が多い方もぜひイオンJMBカードを作ってお得に旅行を楽しみましょう。

https://www.expedia.co.jp/

主要旅行会社も最大6%OFF

「イオントラベルモール」では、JALパックをはじめとした国内にある主要旅行会社のパックツアー(国内・海外)を最大2~5%OFFで利用可能です。

先ほど紹介した「エクスペディア」と比較して旅行の検討をしてみてはいかがでしょうか。

http://www.aeon-tabi.com/

他のイオンカードにある特典で受けられない特典もある

他のイオンカードはイオングループでのお買い物の際はいつでもポイントが2倍もらえ、還元率は1.0%に上昇します。

しかし、イオンJMBカードはポイントではなくそもそもマイルでの還元となっており、2倍のマイルは付与されないので、イオンで買い物しても他の店で買い物をしても還元率は変わりません

他にもマイルに固執せず、貯まりやすいのであればポイントでもいいという方はイオンカードセレクトなどを検討した方が良さそうです。

イオンカード公式サイト

3.事前チャージを行う電子マネー「WAON」

最近ではオートチャージができる電子マネーが登場し、さらに利便性が高まりました。

しかしオートチャージだと使いすぎてしまう恐れがあります。

そんな時は「WAON」のオートチャージを利用せず、事前チャージを心がければ使いすぎの防止が期待できますよ。

イオンJMBカードは「WAON」一体型だからクレジットチャージが可能です。

「WAON」には上限金額が設けられており、最大50,000円となっています。

高額な品物の購入には向きませんので注意して下さい。

イオンJMBカードでは上限金額の設定ができるため、使用状況にあったものを設定しておくと良いでしょう。

MEMO
チャージは店頭のレジ、WAONチャージャー、イオン銀行ATMなど様々な場所で行えます。

WAONチャージャーはイオンの店舗に設置されているため、ショッピングついでにチャージしておくと良いでしょう。

他にもオートチャージの方法などはイオン公式HPを参考にしてみてください

電子マネーでもマイルが貯まる

電子マネー「WAON」で商品を購入しても200円ごとに1マイル付与されます。

「WAON」はショッピングセンター、コンビニ、ドラッグストア、飲食店、レジャー施設、宿泊施設など様々な店舗での支払に使えます。

少額な商品を購入しても、小銭が貯まらないのが電子マネーの良いところですね。

全国のイオン、マックスバリュなどの店舗では毎月5日/15日/25日に「お客さまわくわくデー」を開催しているのをご存知ですか。

この「お客さまわくわくデー」に合わせて来店すれば「WAON」で付与されるマイルが2倍になりますよ。

注意
ただしクレジットカード払いは2倍対象外となりますので注意して下さい。
イオンカード公式サイト

貯まったマイルはWAONに交換できる

貯めたマイルは特典航空券、座席アップグレード、JALクーポン、商品などに交換できるようになります。

もし交換したいものが見当たらない時は「WAON」に交換しておくと使い道が増えますよ。

交換レートは以下の通りです。

3,000マイルからポイント交換が可能です。

マイル WAON
3,000マイル 1,500WAON(1,500円相当)
10,000マイル 11,000WAON(11,000円相当)
11000マイル 12,000WAON(12,000円相当)




19,000マイル 20,000WAON(20,000円相当)
20,000マイル 22,000WAON(22,000円相当)
40,000マイル 50,000WAON(50,000円相当)

申込み後は国内空港やイオンにある「WAONステーション」、ファミリーマートにある「Famiポート」にて「WAON」をカードダウンロードすることが必要です。

MEMO
交換したい時はJALホームページにてお得意様番号とパスワードでログインし、申込みを行って下さい。

4.飛行機への搭乗が楽になる「JALタッチ&ゴーサービス」

飛行機へ搭乗する際、空港カウンターでチェックイン後、保安検査場へと進みますよね。

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆など長期休みがある期間は空港が混雑し、搭乗するまで時間がかかることがありました。

JALの場合は出発15分前までに保安検査場、出発10分前までに搭乗口を通過することが必要です。

混雑する時期は早めに空港に到着したいところ。

そんな時でもイオンJMBカードを持っていると「JALタッチ&ゴーサービス」を利用できるようになります。

このサービスであれば保安検査場へ直行できるため、搭乗口の通過がスムーズになりますよ。
http://www.jal.co.jp/dom/boarding/touchandgo/

MEMO
手荷物がある場合は保安検査場へ進む前に手荷物カウンターにて預けておくと良いでしょう。

「JALタッチ&ゴーサービス」に対応している便かどうか、予約詳細画面にて確認してから予約して下さい。

イオンカード公式サイト

5.イオンシネマや優待施設でお得

イオンシネマの料金が300円オフ

イオンJMBカードを持っているとイオンシネマにて300円オフの割引料金が適用されます。

イオンシネマの一般料金は通常時1,800円かかりますが、この割引特典にて1,500円で映画鑑賞できますよ。

本会員は勿論のこと、同伴者1名までなら300円割引の対象です。

お客さま感謝デーなら1,100円

毎月20日/30日の「お客さま感謝デー」に足を運び、イオンJMBカードを提示すると1,100円まで安くなります。

この割引特典は一部作品ではなく全作品が対象です。

映画が好きだけど毎回1,800円負担するのではきついという時は割引特典を上手に活用してはいかがでしょう?

注意
ただし「お客さま感謝デー」の割引特典はカード会員のみ、同伴者は対象外となっています。

より映画を楽しみたいなら、「イオンカード(ミニオンズ)」か「イオンカード(TGCデザイン)をおすすめします。

他のサービスデーとの併用もできませんので、どちらがお得になるか比較してから選ぶと良いでしょう。

様々な優待施設

イオンJMBカードはカラオケや遊園地、水族館、飲食店、レンタカーなど様々な優待施設でお得になるのが魅力です。

東京サマーランドや富士急ハイランドでは優待特別価格、カラオケビッグエコーでは一般料金より30%オフ、日本レンタカーやトヨタレンタカーでの基本料金特別価格ど魅力的な優待内容となっています。

どの施設で優待対象となっているのか知りたい時は公式HPをご覧ください
http://www.aeon.co.jp/

お水も毎日無料でもらえる

ほとんど全てのイオングループ各店では 「WFⅣ型」という給水機器が設置されており、イオンJMBカードも含めてイオンカード会員であれば給水が無料で行えます。

水は「RO純水」と呼ばれており、高性能なろ過装置で不純物を徹底的に取り除いたいわゆる純水と呼ばれるもので、

  • 赤ちゃんのミルク作り
  • 内臓が弱い人

にも適していると言われる安全なお水です。

最初に専用の容器を購入する必要がありますが、一番大きな3.8ℓ容器でも400円以下で購入することができるので、このサービスは是非使い倒しましょう。

イオンカード公式サイト

6.「ショッピングセーフティ保険」と「クレジットカード盗難保障」で安心

ショッピングセーフティ保険

イオンJMBカードには「ショッピングセーフティ保険」が付帯されており、クレジットカードで購入した商品が故障していても補償が受けられます

補償の対象となるのは1商品5,000円以上、補償期間は購入日から180日間です。

破損は勿論のこと火災事故でも盗難事故でも補償が受けられるため、事故により故障した時は連絡してみて下さい。

注意
この補償の対象はクレジットカード払いのみ、「WAON」は対象外となっています。

その他にも貴金属など補償対象外の商品があるため、事前に確認しておいて下さい。

故障した商品は使えない状態であってもそのまま保管しておくことが大切です。

クレジットカード盗難保障

「クレジットカード盗難保障」では紛失または盗難により、クレジットカードを不正利用されても補償が受けられます

補償期間は届出が受理されてから61日前までとなっています。

届出した日ではなく受理されてからという点には注意して下さい。

61日以上経過してしまうと補償が受けられない期間が発生する可能性があるため、すぐ連絡したほうが良いでしょう。

MEMO
紛失または盗難時の連絡先はクレジットカード紛失・盗難専用ダイヤル「0570-079-110」となっています。
24時間いつでも受付しており、真夜中でも連絡できます。
イオンカード公式サイト

イオンJMBカードの審査基準は?

さて、気になるイオンJMBカードの審査はどのようなものなのでしょうか。

まずは最低限の申し込み条件を見ていきましょう。

18歳以上なら学生や主婦でも申し込み可能

イオンJMBカードの申し込み条件は

  1. 18歳以上であること(高校生を除く)
  2. 電話連絡が可能な人

この条件さえクリアしていれば、学生や主婦の方などでも申し込みが可能で、数あるクレジットカードの中で最も申し込み対象者が広範囲と言えるでしょう。

高校生でも卒業間近なら申し込める!
公式の発表で「高校生は除きますが、卒業年度の1月1日以降であればお申し込みいただけます。」との注意書きがあるので、卒業を控えた高校生なら申し込みが可能です。
クレジットカードの申し込みをして、新生活を準備万端で迎えることができそうですね。

審査基準は比較的低めなはず

クレジットカードは発行している会社の業種によって

  • 銀行系
  • 信販系
  • 流通系
  • 交通系

など様々な系統に分けられています。

イオンJMBカードは、その中でも銀行系などと比較すると審査に通りやすい流通系の提携クレジットカードに分類されています。

年会費無料ということもあり、クレジットカード会社はよっぽどのことがない限り審査に落とすとは考えにくいので、審査の基準はかなり低めであると想定されます。

はじめてクレジットカードの発行を考えている方はイオンJMBをはじめとする流通系のカードから選んでみると良いでしょう。

イオンカード公式サイト

イオンJMBカードのデメリット

イオンJMBカードのデメリットは以下になります。

  1. イオンゴールドカードの対象外
  2. 海外旅行損害旅行はなし
  3. あくまでイオンカード、JALフライトでのマイルはつかない

年会費無料で持てるゴールドカードのインビテーションは届かない

イオンカードの利用で一定条件を満たせば、イオンゴールドカードのインビテーションが届きます。

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
年会費無料のゴールドカード。通常のイオンカードセレクト特典に加え、旅行保険も充実。
  • 買い物◎

イオンゴールドカードは

  • 年会費無料&家族カードも年会費無料
  • イオンラウンジの利用が可能
  • 羽田空港のラウンジ利用が可能
  • 最大限度額3,000万円の旅行傷害保険が付帯

などのメリットがあり、イオンカード保有者は是非目指したいところです。

しかし、イオンJMBカードはイオンゴールドカードのインビテーション対象外になっているので、イオンゴールドカードを手に入れたい人は他のイオンカードを検討するのが良いでしょう。

海外旅行傷害保険が付帯していない

イオンJMBカードはJALとの提携カードなので旅行保険もついていいそうなイメージがありますが、国内外ともに旅行傷害保険はついていません

イオンJMBカードは年会費無料なのでイオンでマイルを貯める専用のサブカードとして持っておき、海外旅行に行く際は旅行保険が付帯しているクレジットカードも別途持って行くようにしましょう。

JAL搭乗でのマイルの付与は不可

イオンJMBカードはあくまでイオンカードとなります。

そのため、基本的にはイオンでのお買い物でマイルがたまっていくと考えた方がいいでしょう。

そのため、JALカードで得られるJAL便での搭乗マイルといったサービスは対象外となります

そのため、JALカードをイメージしているようであれば、受けられるサービスに制限があるため物足りなく感じる方もいると思います。

イオンカード公式サイト

まとめ

イオンJMBカードの特徴やポイントを紹介してきましたがいかがでしたか?

イオンJMBカードは年会費が無料で手軽にマイルを貯めることができるカード。どのような状況でマイルがたまるか最後にしっかり復習しておきましょう。

イオンJMBカードでマイルを手に入れる方法
  • 利用代金200円ごとに1マイル付与
  • 毎月5のつく日はイオンにてWAONでの支払いでマイル2倍
  • 毎月10日はイオンでマイル5倍
  • WAONでの支払いでも200円ごとに1マイル付与

イオンカードの発行を検討していてJALの飛行機に乗る機会がたまにある人はこのイオンJMBカードがイチオシですよ!

イオンカード公式サイト
おすすめの記事