【初心者向け】資産運用とは?初心者がはじめやすい資産運用5選【注意点も徹底解説】

・資産運用したいけど、何から始めたらいいかわからない
・どんな種類があるのかわからない、初心者にもできるのか不安
・毎日のニュースを見る時間なんて取れない

このような不安があるのは当然です。誰でも資産運用をスタートするとき不安があり、運用していく中で知識を得ていくのです。

この記事では、初心者の方へ向けて資産運用とは、資産運用の種類やはじめ方、さらに資産運用をはじめる注意点も解説しています。

現在、自分でも資産運用ができるか不安と思っている人でも大丈夫です。私も資産運用をはじめる前は、リスクとは何か、どんな資産運用方法があるんだろうと多くの疑問を持っていました。

しかし、ひとたび資産運用をスタートすると、自分のために情報が知りたくなって、今では資産運用に詳しくなることができています

この記事を最後まで読むことで、ご自身にあった資産運用方法がきっと見つかるはずです。ぜひ、最後までご覧ください。

資産運用とは?

資産運用とは、普通預金や定期預金などの預貯金、株式、債券といった金融商品などを利用し、自分の資産を効率的に増やす方法です。

MEMO
資産運用の方法は多くありますが、リスクが高い商品から値動きがほとんどないリスクの低い商品まで様々です。

自分の投資する目的を決めて、相性のいい運用方法を選ぶと効率的に資産運用ができます。資産運用の必要性やメリット、デメリットなどを確認していきましょう。

なぜ、資産運用が必要なのか?

資産運用が必要とされる理由は、日本の少子高齢化問題により、年金支給だけでは生活が難しいと言われているからです。

実際に夫婦2人の場合の老後資金を計算すると約2000万円以上が不足するというデータが政府から示されたのは、記憶に新しいのではないでしょうか?

個人で資産運用を行って、老後生活に備えることが重要とされており、資産運用に関心を寄せる人が多くなっています。

資産運用のメリットとデメリット

資産運用にはメリットとデメリットは以下のとおりです。

【メリット】
・お金を働すことができる(自分が働かない時間も増える)
・インフレ(物価の値上がり)による預貯金の価値の低下を避けられる
・お金の知識(経済や税金など)が身につく

【デメリット】
・預けた金額より下がり可能性もある(元本割れのリスク)
・すぐには増えない(増えるまでに時間が必要)

自分が寝ていてもお金が働いてくれるのが投資の大きなメリットですね。

資産運用による複利効果がすごい

資産運用による大きなメリットは複利効果によって効率的に資産が増えることです。

複利効果とは、運用して得た収益を受けとらずに再度、投資する方法です。すると、利益で得たお金で投資をするので、利益がふくらみ資産が増えていくのです。

逆に利益を受け取って元本だけで運用する方法は、単利と呼ばれています。

単利と複利の効果の違いを見てみましょう。複利効果の結果は長期間になればなるほどあります。100万円を年利5%で運用した場合、20年後では複利運用の方が約71万円も多く増えています。

【元本100万円、年利5%の場合】
■単利
・5年後    125万円
・10年後  150万円
・20年後  200万円

■複利
・5年後    128万円
・10年後  164万円
・20年後  271万円

出典:アセットマネジメントONE 資産運用かんたんシミュレーション

リスクとリターンの関係

資産運用商品の中には、高いリスクの商品もあれば低いリスクの商品もあります。

ご自身がどの程度リスクを取れるかで判断します。初心者の方は低リスク商品からはじめるのが良いでしょう。

リスクが高い運用

リスクが高い運用方法には、株式、外貨預金、FX、金、不動産投資などがあります。リスクの種類も多く、幅広い知識が求められます。

注意
初心者の人が多くの金額を投じるのは、あまりおすすめできません。知識やリスクを理解しつつ、余裕資金にて挑戦できる場合は、少額で始めると良いでしょう。

リスクが低い運用

リスクが低い運用方法には、預貯金や積み立てNISA、iDeCoなどがあります。運用方法がわかりやすく国も推奨しており、リスクをあまり取らずに運用したい人に向いています。

ただし、リスクが低いと比例して、リターンも低く設定されています。ご自身が運用に慣れてきたら、少しずつ中程度のリスク商品や、高いリターンが望める高リスク商品へチャレンジしていきましょう。

おすすめの資産運用は人それぞれ

資産運用方法は種類が多くあるため、どの程度経験があるかやどの程度リスクを取れるかによっても変化します。おすすめの資産運用は人それぞれなのです。

ただし、初心者の人がいきなり株式投資や不動産投資という知識が必要なジャンルは難しいと考えられます。

初心者であれば、積み立てNISAやiDeCoなど国が推奨している資産運用方法があるので参考にしましょう。

カンタンにわかる!資産運用の種類を紹介

資産運用の種類は預貯金や外貨保険、株式、投資信託、さらには不動産投資など種類もさまざまです。

ご自身の投資経験や知識レベルに応じて使い分けることが重要。

ここでは主な資産運用の種類をご紹介します。

預貯金

銀行にお金を預けると利子がつく資産運用方法です

昔に比べ雀のなみだ程度しか利息がつかないので、大きなリターンは期待できないません。

預貯金の中には、いつでも入出金ができる「普通預金」、6ヶ月や1年など決まった期日まで預ける「定期預金」、毎月決まった金額を積み立てる「積立式定期預金」などがあります。

リスクとしては銀行が破綻した場合にお金が返ってこないこと。

しかし、ペイオフと言われる保証制度で、1つの金融機関で1人あたり元本1000万円と利息までは保護される制度があります。

昔は利息が高かったですが、一例では100万円預けて利息は約20円という金融機関もあるそうです

外貨預金

預金ではありますが日本円ではなく、以下のような外貨預金の種類があります。

・米ドル
・ユーロ
・オーストラリアドル

円安局面になれば日本円より海外の通貨の価値があがるため、大きなリターンを得られます。

注意
金利も日本円の預貯金より高く設定されている事が多いです。ただし、円高になると海外の通貨の価値が低くなるため、元本割れするリスクがあります。

外貨預金は、預けるときと払い出す時の為替手数料などのコストも注意する必要が。さらに日本円の預貯金と違い、ペイオフ(預金保険制度)の対象外となっている点も注意しましょう。

保険

保険も資産運用方法の1つです。

毎月の保険料を支払い、万が一の事故や死亡したときのリスクヘッジとしての仕組みが多くの人に知られていますが、資産運用としての保険商品も数多くあります。

保険の中には、将来に備えて貯蓄するという機能を持った商品があります。具体的には、以下のような保険商品です。

・終身保険
・養老保険
・学資保険
・個人年金保険

現在の日本円の金利が低いため「円建て保険」よりも高金利が期待できる「外貨建て保険」の方が人気があります。

外貨建て保険も、外貨預金同様に円高局面(円の価値が高く、外貨の価値が低い場合)では元本割れのリスクを伴うため注意が必要です。

金は信用度が高く換金性に優れているため、資産運用商品として世界中で人気があります。

金の投資方法は、ゴールドバー(金の延べ棒)を購入する方法、投資信託で積み立て投資する方法など多くの種類があります。

金の価格が値上がりしやすい時は、各国の政治や経済的な混乱、さらには災害時、物価上昇時などです。そのため、資産を守るために「金」を保有する投資家も多くいます。

債券(国債)

債券とは、投資家などから資金を集める(借入する)ときに国や地方公共団体、または企業が発行する有価証券です。

・国債
・地方債
・社債

株式や投資信託と比較すると安全性が保たれており、保有している人の収益性も安定していると言われています。

あらかじめ、預けた金額と利息を支払う期日が決まっているため、収益額がはっきりイメージできるのが利点。

逆に発行している団体(国や地方公共団体、企業)が倒産したり財政が苦しくなった場合、予定通りの支払いが受けられないリスクがあります。

株式

株式は会社の一部のオーナーになることです。

株式を購入した人はその会社の「出資者」となります。出資者のことを別名、株主といい、株主が集まる総会などで経営に意見を伝えることができる権利を持っています。

また、自分が取得した株式の価額より、高くなったタイミングで売ると、譲渡益(値上がり益)を得ることができます。

さらに株主は配当金や、株主優待をもらえるケースもあります。

年に1回や2回など利益が出たタイミングで株主に配当金を還元する会社もあり、業績がよい企業は多くの配当金を還元していますよ。

株主優待は、株式を一定以上持っている場合に企業から、サービスの優待券やクーポン券、商品の詰め合わせなどの特典が受けられる制度。

リスクとしては、銘柄選定のむずかしさや、債券などと比較すると値動きも大きさがあげられます。リスクとリターンどちらも大きくなる場合が多く、初心者は注意が必要な資産運用方法です。

ただ上場株式に投資を検討している人は、後に各NISA制度を利用すると、税金面での優遇があるため、効率的に資産運用ができます。

まずは、少額でNISA制度を利用し、経験や知識をつけたあとに投資額を大きくしていくのも投資手法の1つです。

投資信託

投資信託は、多くの投資家から集めた資金を1つにまとめて、ファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロに、株式や債券、その他の商品で運用してもらいます。

そして運用成果を、投資家が投資した金額に応じて、分配してもらう仕組みの資産運用方法です。

初心者にとってメリットは多いので、何からスタートして良いか迷っているなら、初めて投資する人にもおすすめの資産運用方法です。

・プロの投資家に任せられる
・少ない金額からスタートできる
・分散投資できる

投資信託は、少額の積み立てからスタートでき毎月一定額を購入することで、価格の上がり下がりのリスクを抑えるドルコスト平均法の効果を利用できます。

また、投資信託の商品自体も1つの会社ではなく数社から数十社という会社をパッケージにした商品が多いです。

そのため、1つの会社が倒産しても他の会社の収益でまかない、全体としてはプラスの収益となると言った運用を行えるのが投資信託の大きなメリットです。

知識が少なくても、銘柄を分散、プロにおまかせ、時間を分けて投資すれば初心者でもはじめやすい方法ですね!

不動産投資

不動産投資は、銀行からローンを利用してマンションや不動産を購入し、家賃収入を得たり売却益を得る資産運用方法です。

自己資金が少なくてもローンを活用して不動産を取得することもできるため人気があります。

現物の資産となるので、ほかの資産運用方法と比較するとインフレの影響は受けにくいと言えるでしょう。

リスクとしては物件の管理や、老朽化による修繕対応などが必要となります。さらに入居者がいない場合は家賃収入が入らず、銀行への借入返済や費用が大きくなってしまう場合も考えられます。

初心者にとっては、少しハードルが高めとなります。

NISA

NISAは、国が認めている税金の優遇制度です。投資信託と株式の両方で利用することができます。初心者の人はとくに利用したい制度

NISAには2種類あり、一括購入タイプ、毎月積み立てるタイプと、に分かれています。

・一般NISA
・つみたてNISA

【一般NISA】
・1年間の投資額120万までの利益が非課税
・非課税期間は5年
・総額は最大600までの利益が非課税

【つみたてNISA】
・1年間の投資額40万円までの利益が非課税
・非課税期間は20年
※株式は含まれない、投資信託も銘柄は限定されている

一般NISAとつみたてNISAは併用ができていないため、自分の投資目的や取れるリスクに応じて選択することをおすすめします。

iDeCo

iDeCo(イデコ)は国が推奨する資産運用(節税対策)方法です。個人型確定拠出年金の愛称となります。

iDeCoで運用すると3つのメリットがあります。

・所得控除のメリット
・運用した収益が非課税
・受け取るときのメリット

iDeCoは、1番低い金額が5000円からはじめられます。

毎月の掛金が全額所得控除となるため、所得税や住民税を軽減することにつながりますよ

掛金の上限金額は会社員やフリーランスなどによって決まっています。

iDeCoでの利益は、NISAと同様に運用益に対して非課税となります。

さらに、iDeCoは運用した結果、受け取りは60歳から可能です。受け取り方法は3種類あり、一時金、年金、一時金と年金の併用する方法があります。どの方法で受け取ったとしても税金の優遇があります。

税金を節税しながら、老後のために備えられる仕組みはうれしいですね!

初心者の資産運用方法を選ぶ方法3選

投資をはじめて行う場合、何を基準に資産運用方法を選んだらいいの?という疑問があると思います。

そこで、初心者の方が投資をはじめる上で基準とする3つの方法をご紹介します。

この方法を活用すればご自身にあった資産運用が選択できますよ。

どの商品のリスクとリターンが1番合っているかで選ぶ

資産運用の目的により、高いリスクを取れるか低いリスクでいくのかが決まります。

例えば教育資金として必要という目的であれば、高いリスクを取ることは避けた方が良いでしょう。

また短期で目標を達成したい場合は、ハイリスクハイリターンで運用する必要があります。期間が長く取れる場合は、ローリスクローリターンで運用する、さらに商品を複数に分けて運用する方法もあります。

結論としては、事前に自分の投資目的を明確にして資産運用を行うことが重要です。

運用する期間で選ぶ

長期投資を理解すると、資産運用の幅が広がります。短期的にリターンを求めるならば高いリスクを取る必要が出てきます。

しかし、同じ商品でも長期的に投資できるのであれば、値動きのバラツキを気にせずに冷静に運用ができます。

5年や10ごとの長期間での結果を前提に運用するのであれば、複利効果を得ることも出来るでしょう。

運用コストを考えて選ぶ

初心者の人におすすめの資産運用の選び方の1つにコストを考え選ぶ方法があります。

コストは主に以下の3種類。

・購入する時のコスト
・保有している間のコスト
・解約する時のコスト

商品によって異なるコストですが、店舗販売よりインターネットの会社の方が比較的安い傾向があります。理由は人件費がかかっていない分、手数料を下げられるからです。

店頭では、1人のお客さまに対して1人の従業員が説明します。ですが、インターネットであれば1人の従業員(1つのWebサイトのページ)に対して、複数のお客さまが申し込みできます。

コストが安い会社や商品を選ぶことで、結果として全体の運用損益に対して影響してくるのでしっかり検討して購入しましょう。

ただ、コストが安いが運用成績が悪い商品は選ばないように注意が必要です。コストと運用成績のバランスを考えて商品を選ぶことが大切です。

コストが高すぎれば、運用成果が良くても全体の利益に影響が出る場合があります!

初心者がはじめやすい5つの資産運用方法

たくさんの資産運用方法をご紹介しました。そこで、初心者はその数に圧倒されて何から始めれば良いかわからないという疑問が出てくるでしょう。

そこで、多くの資産運用方法の中から初心者向けの資産運用方法5選をご紹介します。

NISAを利用して節税する

NISAは初心者にとって利用しやすい制度です。

国が推奨している非課税制度であり、運用した収益に対して非課税の上限が決まっています。

NISAの内容は2種類あり、ご自身の投資目的や金額に応じて使い分けると良いでしょう。

・一般NISA
・つみたてNISA

【一般NISA】
・1年間の投資額120万までの利益が非課税
・非課税期間は5年
・総額は最大600までの利益が非課税

【つみたてNISA】
・1年間の投資額40万円までの利益が非課税
・非課税期間は20年
※株式は含まれない、投資信託も銘柄は限定されている

MEMO
一般NISAとつみたてNISAは併用ができていないため、自分の投資目的や取れるリスクに応じて選択することをおすすめします。

投資信託

投資信託も初心者におすすめの資産運用方法の1つです。

特徴は以下のとおり。

・プロに運用を任せられる
・少額から投資ができる
・分散投資できる

商品選定など初心者には難しい部分を、すべてファンドマネージャーと呼ばれるプロに任せることができます。

また、投資信託は毎月積み立て方式で行う運用方法もあるため、数千円という少額から始められます。

投資信託は、株式や債券その他の金融商品を組み合わせてパッケージ化した商品のため、リスクを分散できることがメリットになります。

例えば、株式の場合1つの会社に投資して、もしその会社が倒産すると価値がゼロになってしまうリスクがあります。

しかし、投資信託は商品の中に、複数の株式や債券が入っているため、もし1社が倒産しても残りの会社の利益によって、全体の利益は保たれます。

そのため、銘柄選定に慣れていない初心者でもはじめやすい資産運用方法と言えます。

ロボアドバイザー

資産運用において1つの商品だけでなく、複数の異なった商品を運用すると、リスクを分散することができます。

例えば株式投資信託だけで運用していると、株式の市場が下落していくケースでは、すべての株式が下落するリスクを負います。

そのため、違った値動きをする債券が組み込まれた投資信託や不動産市場の投資信託を、運用に組み入れます。するとリスクを抑えることが可能になるのです。

しかし、初心者にとって市場を見ている時間や知識も少ないため、商品選定に時間がかかるでしょう。

そんなときに、ロボアドバイザーを利用すると、複数の質問を行うことで自分にあった理想の商品ラインナップを提案してくれます。

・自分の年収
・投資目的(短期、中期、長期)
・リスク度合い
・貯蓄額
・職業

自分が資産運用する商品全体のことをポートフォリオと呼びますが、初心者はポートフォリオの組み入れが大変なため、ロボアドバイザーを利用することで、商品選定の手間が省け、空いた時間などで株式や投資の勉強に使うことができます。

最先端のテクノロジーを利用して資産運用できるのは助かりますね!

ポイント投資

ポイント投資は、手持ちのポイントを使って株や投資信託の購入を行い資産運用する方法です。

生活の一部で貯めたポイントであれば、投資するハードルも低いため近年、人気を集めている投資方法の1つです。

楽天ポイント、LINEポイント、Tポイント、dポイント、Pontaポイントなどの種類がありご自身が貯めているポイントがあれば、投資してみるのも良いでしょう。

iDeCoで節税しながら運用する

iDeCoの加入要件は、20歳以上60歳未満のすべての人が対象です。大きなメリットは3つあります。

・所得控除のメリット
・運用した収益が非課税
・受け取るときのメリット

iDeCoは、1番低い金額が5000円からはじめられます。毎月の掛金が全額所得控除となるため、所得税や住民税を軽減することにつながります。掛金の上限金額は会社員やフリーランスなどによって決まっています。

iDeCoでの運用で得た利益は、NISAと同様に運用益に対して非課税となります。

さらに、iDeCoは運用した結果、受け取りは60歳から可能です。

MEMO
受け取り方法は3種類あり、一時金、年金、一時金と年金の併用する方法があります。どの方法で受け取ったとしても税金の優遇があります。

注意点としてiDeCoは、加入した後は60歳まで資金を引き出すことができないので、始める際にはしっかり考えましょう。

資産運用をはじめる際に注意するポイント

資産運用を行っていく上でリスクは避けられません。リスクをしっかり理解することで、ご自身の資産運用を効率的に進めていきましょう。

ここでは資産運用をはじめる上で特に注意するポイントを解説します。

効率的に運用するためには、リスクを理解することが近道です。

生活費などを除いた余剰資金で資産運用を行う

資産運用での鉄則は、生活費は確保した上で、残りの余裕資金で運用することです。

注意
もし生活資金を使った場合、リスクを負って資産運用した結果がマイナスになると生活ができなくなってしまいます。

そういった場合は、正しい投資判断は難しいでしょう。

少額ではじめる

はじめての場合は、少ない金額からはじめましょう。

知識もない中、大きな金額を投じるのはギャンブルに近いと言えます

少ない金額で経験や知識が備わってきたら、次は投資額を上げていくと失敗するリスクを減らすことができます。

資産運用するコストを理解する

利益だけに目が行きがちですが、コストもしっかり把握しましょう。

例えば投資信託の場合は3つのコストがあります。

・購入するとき
・保有中
・売却するとき

それぞれの取引が発生した際にコストがかかりますが、商品によってコストは異なります。

コストを引いた上で利益がいくらになるか計算することを習慣にしましょう。

どのように資産運用したいか自分の考えを持つ

短期的に大きなリターンを得たいのか、老後の生活資金を貯めたいのか、目的によって資産運用は千差万別です。

目的がないと、どの資産運用が適しているか判断できません。まず自分が何のために資産運用するか考えてから、方法を選びましょう。

分散投資メリットを理解する

資産運用を行う上で分散投資のメリットを理解することが重要です。

おもな分散投資は以下の2つ。

・複数の商品を購入してリスク分散させる
・購入するタイミングを分けて時間を分散させる

商品を分けて購入する方法です。1つの商品の成果が悪くても、もう一方が成果が良ければ全体のリスクとしては分散されています。

購入する時期を分ける方法もあります。

価格は上がったり下がったりを繰り返すため、1度で全額購入した場合は高値づかみをして、その後に価格が下がれば損失となってしまいます。

しかし購入金額を50%にして、時期をずらしてさらに50%を購入するというやり方があり、もし価額が落ちたとしても平均的な購入価額を低く抑えられるのです。

長期投資を前提に考える

資産運用においては、長期投資を前提に運用することで、値動きのバラツキを抑えたり、複利の効果を得やすくなります。

1年や2年だと運用コストが先行して、利益は少ない場合があります。5年や10年など保有期間を長くすることで1年あたりのコストを抑えられ、徐々にリターンは安定していくと考えられます。

ゆったりと構えて長期投資を行うと、小さな値動きを気にしなくて良くなります!

資産運用の学習方法

資産運用の学習方法は、たくさんあります。おもには以下の方法です。

・本で学ぶ
・動画で学ぶ
・セミナーに参加して学ぶ
・実際に運用して学ぶ

本は書店やインターネットでもすぐ購入できますし、近年は大手証券会社なども専門のYouTubeチャンネルなどを解説しており、動画も充実しています。

さらに大手銀行や証券会社のセミナーも無料で開催さえているので、申込んで内容を理解するのもおすすめです。

しかし、どんなに学習しても、実際に運用してみるのが1番の学習方法です。

例えば、車の扱い方や標識の知識をたくさん持っていたとしても、運転したことがなければ、道路で運転する感覚は得られないのと同じです。

ひと通り資産運用の方法を学んだら、少額から資産運用をスタートし、運用しながら知識や経験を深めていくのが最短で運用成果をあげる方法と言えるでしょう。

自分の考えにあった投資を選択すべし!初心者向け資産運用まとめ

今回は初心者でも「はじめやすい資産運用方法」や「目的に合わせて資産運用を選ぶ基準」を紹介しました。

  • 最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。
  • 資産運用とは、金融商品で効率的に運用して自分の資産を増やすこと
  • 資産運用は、目的を明確にして行う
  • リスクとリターンをしっかり理解して投資する
  • 資産運用は、生活費を除いた余裕資金で資産運用を行う
  • 初心者はNISAやiDeCoを利用した運用がおすすめ
  • 投資は少額からはじめる
  • 資産運用においては、長期投資を前提に考える
  • 銘柄や時間など分散して投資を行い、リスクを分散する
  • 資産運用をはじめる際にはコストにも注意する
  • 学習は本、動画、セミナーと多数あるが実際に運用するのが1番はやい

資産運用はご自身の目的を明確にしてからスタートさせましょう。ただし、運用をはじめないと初心者から成長しないのも事実です。

ひと通り知識をつけ、目的が決まったら少額からでいいので一日も早く資産運用をはじめましょう。

この記事が皆さんの資産運用をはじめる一助になれば幸いです。

おすすめの記事