低金利ローンの審査を通過するには?審査通過のコツや注意点を解説

「低金利ローンって審査通過するの難しいのでは?」

「本当に低金利ローンって審査厳しいの?」

このように考えている人もいるでしょう。

低金利ローンというのは、金利を下げることにより利息の支払いを抑えることができるメリットを持っています。

しかし、利息の支払いを抑えられる反面、業者側の審査はかなり厳しい対応に変わってしまうため、審査が厳しくなる傾向にあります。

この記事では、低金利ローンの審査を通過するために必要なポイントを解説します。

この記事で解説するのは以下の内容です。

  • 低金利ローンの審査を通過するポイント
  • 低金利ローン審査の注意点
  • 確実に低金利ローンの審査をクリアするコツ

これから紹介する内容をしっかり読み、低金利ローンの審査を受ける際に必要な要素を抑えておきましょう。

低金利ローンの審査は厳しい

低金利ローンの審査は厳しくなっています。

低金利というのは、業者側からすれば非常にリスクの高い状態であると言えます。

低金利で融資をすることにより、利息の収入を減らしてしまい、返済されなかったときの負担が大きくなってしまうのです。

MEMO

低金利ローンは業者側がある程度のリスクを強いることにより、利用者側が有利になるように調整されています。

どうしても低金利で融資をしなければならない以上、審査基準は引き上げる必要があります。

審査基準を引き上げることにより、低金利ローンを使える人を制限しなければ、業者側に支払われない返済が増えてしまうのです。

低金利ローンは業者側がある程度のリスクを強いることにより、利用者側が有利になるように調整されています。

どうしても低金利で融資をしなければならない以上、審査基準は引き上げる必要があります。

MEMO

審査基準を引き上げることにより、低金利ローンを使える人を制限しなければ、業者側に支払われない返済が増えてしまうのです。

こうした返済が増えないようにするためには、低金利ローンの審査をできる限り厳しくして、多くの人に利用させないようにする対策が求められます。

利用する側にとって、低金利であるメリットは多数あります。

  • 返済する利息を抑えられる
  • 元本を減らしやすくなる
  • 返済計画を立てやすくなる

非常に大きなメリットがあるものの、デメリットとして審査基準を厳格化しているため、なかなか利用できない状態に追い込まれやすいのです。

特に収入が不安定な人、なかなか多くの収入を確保できずに苦労している人は、返済できないのではないかと判断され利用できないケースが多くなっています。

安定した状況を作らない限り、低金利ローンの審査はなかなか通過できないものと判断しておきましょう。

審査基準を厳格化して対応している

低金利ローンを提供しているのは銀行です

銀行は消費者金融と違い、信頼性もしっかり確保しながらローンを提供する方針をとらなければなりません。

ローンを簡単に利用させてしまうと、それだけ多くの問題が発生する可能性が生まれてしまうため、厳格な審査を実施する方針を採用しているのです。

MEMO

審査を厳格化させることにより、審査を受ける人もある程度しっかりした基準にしなければならないと判断しやすくなります。

適当な状態で審査を受けてしまうと、審査に落とされて色々な問題が生じてしまうことは簡単にわかってしまうのです。

利用する側にも周知されるように、審査を厳格化してすぐに利用させないようにする対策を取っています。

厳格化したことによって、銀行側が利用させている利用者を減らせる利点もあります。

あまりにも多くの人に融資していると、回収できない貸金が増える恐れも出てきます。

多くの人に低金利ローンを使わせないために、そして個人への融資をある程度制限するために、厳しい審査基準を採用している部分もあります。

僅かな問題でも審査に落とされる恐れあり

厳格化したことによって、僅かな問題でも審査に落とされるリスクが生じているのは間違いありません

低金利ローンを利用する場合、審査を受けた時に1つでも問題が発生していると、その人は信頼できない者と判断され審査に落とされてしまうケースが多いのです

消費者金融なら許してくれるような状況でも、銀行のように厳しい審査を担当しているところであれば、審査対応は厳しくなってしまいます。

具体的な例を上げると、以下の問題が発生している人は審査に落とされてしまいます。

  • 過去に返済していないことが判明している
  • 収入面の安定性や金額が不足している
  • 勤務年数が足りていない
  • 記入漏れや記入ミス、誤記入が存在する

こうした問題が見つかっただけでも審査に落とされてしまいます。

ただ記入ミスをしただけで審査に落とされてしまうなど、審査に関連する内容としては相当厳しい方針を取っていると言えるでしょう。

これから審査を受ける人は、厳しい基準に沿って対応していく必要がある点に気をつけ、なるべく審査を確実に通過できるような状況を作りましょう。

低金利ローンの審査基準

低金利ローンの審査基準は、具体的に以下の要素を参考にしながら、会社ごとに決めた基準に沿って決められます。

  • 年収
  • 勤務年数
  • 他社借入状況
  • 信用情報
  • 銀行のサービス
  • 記載内容
  • 過去の犯罪歴

多くの項目を審査しているように思われますが、審査をある程度しっかり行うためには、細かいところまで確認していく必要があります。

また、普段調べられていないのではないかと思われている項目も含めて、しっかり確認作業が行われているのは事実です。

あらゆる項目を事前に確認した上で、確実に審査を通過するためにはどうすればいいのか、判断していく必要があるでしょう。

ここからは、各審査基準について詳しく説明します。

審査項目①:年収

年収は低金利ローンの審査で最も重要視されている項目の1つです。

保有している収入が多ければ多いほど、審査通過の可能性は高くなります。

一方で、保有している収入が少ないと判断されれば、審査に落とされる可能性は非常に高くなってしまうのです。

注意

年収で判断している理由は、月々の収入での判断が難しいためです。

月々の収入で判断すると、ボーナス等の収入をしっかり把握できないため、審査に影響が及んでしまいます。

そのため前年度の年収を参照することにより、本当に収入がしっかり存在しているのか確認しやすくしているのです。

銀行側の審査では、最低限度の収入がどれくらいなのか、しっかり記載している場合があります。

収入の目安を超えていない場合は、審査に落とされてしまう点に気をつけておきましょう。

また、収入が多少超えていたとしても、それ以上に問題のある行為が見つかった場合には審査落ちの可能性もあります。

年収の金額には目安あり?

銀行側は少しでも審査を通過しやすくするため、そして審査に落とされるような人の申し込みを避けるため、収入制限を設けている場合があります。

これは必要な年収額に満たない人は、強制的に審査落ちにさせるという方法です。

この基準を示しているのが利用条件になります。

MEMO

例えば、利用条件に年収200万円以上と記載されていた場合、200万円以上の年収を確保していない人は審査に落とされます。

他の要素がすべてOKだったとしても、年収条件が最低限に到達していないので審査落ちとなってしまうのです。

低金利ローンの場合、300万円や400万円など、年収条件が厳しくなっているローンも多数ありますので注意が必要です。

希望する限度額によって審査基準が変わる場合も

低金利ローンを利用する場合、申込者は希望する融資額を設定しなければなりません。

融資額が多ければ多いほど、審査基準は厳しくなっていきます。

特に年収に関連している項目は厳しくなり、審査を通過できない可能性が高くなっていきます。

MEMO

限度額を最低限の数字に設定すると、必要な年収は大幅に引き下げられるため、審査を通過しやすくなります。

10万円で希望した場合、収入条件が設定されていなければ100万円程度でも審査を通過できる場合があります。

一方で100万円の限度額を希望した場合、必要とされる年収は最低でも300万円程度となり、基準は大きく変わってしまうのです。

自分が希望している融資額がどれくらいなのか、そして収入に合わせて審査を通過できるのか、しっかり判断していく必要があるでしょう。

欲張って限度額を増やすなどの対応を取った場合、審査に落とされる可能性は極端に高くなってしまいます。

審査項目②:勤務年数

勤務年数は仕事をしている年数を示すものです。

仕事をしている年数が多ければ多いほど、安定して同じ仕事ができていることを示します。

一方で、少ない仕事年数では信頼性が得られないため、審査に落とされやすくなります。

MEMO

低金利ローンの場合、最低でも2年程度の勤務年数は必要となるでしょう。

勤務年数が足りていない場合、収入に対する信頼性が不足しています。

信頼性が不足している人に対して審査を通過させることは基本的にありません。

注意

現在の仕事年数を確認して、2年よりも少ない場合は審査を受けない方がいいでしょう。

審査を受けて落とされてしまうと、次の審査にも影響が及んでしまいます。

勤務年数は簡単に把握できる情報ですので、事前にしっかり見ておきましょう。

確実に審査に落とされる1年未満は審査を受けないこと

確実に審査落ちとなるのは1年未満で審査を受けることです。

勤務年数1年未満で審査を受けた場合、低金利ローンでは審査通過が望めません。

銀行側も審査を通過させるほどのレベルではないと判断し、まともに審査をしてくれません。

MEMO

1年未満で審査を受けることはないようにしましょう。

勤務年数が不足しているようであれば、まずは必要な勤務年数を確保するようにしてください。

勤務年数が2年程度に到達してから審査を受けたほうが、審査通過の可能性は大幅に高まります。

審査項目③:他社借入状況

他社借入状況は審査に大きく影響するポイントで、基本的に融資を受けているとマイナス材料として扱われます。

他社の審査を通過して借りていることより、他社から借りて返済しなければならない情報をマイナス材料として扱い、審査に落としてしまうことが多いのです。

他社借入を持っている人は、審査に落とされやすいことをしっかり把握しておきましょう。

MEMO

審査に落とされる要因として、返済しないで放置されるのではないかと思われるのが原因です。

他の会社から借りている人は、他社の返済で苦労している可能性が高く、自社で借りて返済しないのではないかと思われています。

こうした疑念を持たれてしまう以上、他社から借りているのは大きなマイナス材料になってしまうのです。

特に以下の状況に陥っている人は注意したほうがいいでしょう。

  • 他社から多額の融資を受けている
  • 複数の会社から借りている
  • 借りていないもののカードローンを大量に保有している

こうした状況に置かれている人は、審査に落とされやすくなります。

他社から借りている件数金額の双方が審査に多大な影響を与えていることに気をつけておきましょう。

また、融資を受けていないものの、融資を受けられるサービスを持っているだけで審査に落とされる可能性があります。

他社借入件数は3件以内に抑えること

審査を通過したいと考えているなら、他社借入件数は3件以内に抑えてください。

4件以上の会社から融資を受けていた場合、審査にほぼ落とされてしまいます。

低金利ローンは基準が厳しくなっており、3件までの借入であれば何とかなりますが、4件以上になれば容赦なく審査に落とされます。

MEMO

他社借入件数が多すぎる状態であれば、まずは借りている件数を減らすようにしましょう。

1社だけで融資を受けている状態を作り出すなど、借りている会社の数を減らして対応していくことが重要です。

間違っても借りている件数が多い状態で審査を受けないように注意してください。

借入金額は年収の3分の1以下に抑えよう

借入金額も審査に影響してきます。

借入金額は年収の3分の1以内に抑えておかないと、借りすぎだと判断され審査に落とされてしまいます。

借りている金額があまりにも多すぎる場合は、審査に落とされる可能性が高まる点に気をつけておきましょう。

MEMO

銀行は総量規制の影響を受けないため、本来であれば3分の1以上の借入を持っていても審査は通過できます。

ただ、銀行側が会社の対応として制限を加えており、消費者金融と同様の対応を取っているため、年収の3分の1以上を超えると審査に落とされるのです。

借りている金額がかなり多い人は、低金利ローンの審査に落とされてしまうものと判断し、審査前に対策をしておきましょう。

審査項目④:信用情報

信用情報は審査を通過するために重要な要素として確認されています。

過去に利用した借入情報や審査通過の情報などが記載されており、この情報を見て信頼できるか判断しています。

信用に値しないと思われる情報が記載されている場合など、審査を通過させると危険と判断されている人は審査に落とされます。

信用情報では以下の情報がマイナス要素として捉えられています。

  • 他社借入を返済していない
  • 他社借入を減額して返済した
  • 審査落ちを繰り返している

他社借入の返済遅延を繰り返しており、返済状況が確かではないと判断されれば、自社でも同様の状態が起きると判断して審査に落としてしまいます。

また、他社借入を減額する方法によって、本来の借入金額から減額する行為は信頼を大きく失うものとなりますので、審査に落とされてしまいます。

この他、何度も審査に落とされており、近況で審査ばかり受けている人も審査に落とされやすくなります。

MEMO

信用情報は個人で対策するのは非常に難しく、これまでの利用状況が大きく影響してくる要素です。

適当に返済している人、返済できなくなり信用を失う行為をしている人は審査に落とされる可能性が高まるため気をつけておきましょう。

他の情報に問題ないとしても、信用情報が駄目だと判断されてしまい、審査に落とされてしまう可能性は非常に高いのです。

信用情報は事前に確認できる

信用情報は事前に確認できる情報です。

希望者はお金を支払うことにより、信用情報を確認し、現時点で信用できるか判断することができます。

事前に確認しておけば、基本的に問題を抱えることなく審査を受けられるでしょう。

MEMO

信用情報に問題が起きているとすれば、すぐに対策できる点もいいところでしょう。

審査を受けないで暫く待つなどの対策によって、信用される状態で審査を受けやすくなるのです。

どうしても不安があれば、信用情報を事前に確認しておくようにしましょう。

信用情報は時間が経過すると変化する

信用情報は定期的に更新されており、更新された情報を基にして審査を行います。

悪い情報についても更新され、一定の期間が経過した場合は削除されます。

これは情報の内容によって変化しますが、場合によっては5年程度の時間がかかる場合もあります。

MEMO

信用情報が削除されたことにより、悪い情報が少なくなっていれば安心感が生まれます。

また、いい情報だけに変わっていれば、審査を通過できる可能性は大幅に高まるでしょう。

信用情報があまり良くないと感じている人は、時間をかけて情報が変わるのを待ちましょう。

審査項目⑤:銀行のサービス利用状況

あまり気にしなくていい情報ではありますが、銀行のサービス利用状況も影響があります。

これはプラス材料が主体であり、マイナス材料として扱われるケースは滅多にありません。

要は銀行のサービスを利用しており、顧客として信用できれば審査を通過しやすいという形が生まれます。

MEMO

事前に銀行で預金サービスを利用しているなどの方法で、銀行が情報を知っていれば信頼性アップが期待できます。

また、銀行側がサービスを利用していることにより、多少優遇しても大丈夫と判断する場合もあります。

銀行のサービスを利用している人は、審査にプラスの影響を与え、いい状態で借入ができる場合もあるのです。

注意
過去に銀行のサービスで問題を起こしている場合、審査に落とされる確率が高くなるため注意が必要です。

審査項目⑥:記入内容のミス

記入内容にミスが存在している場合、多少であれば入力ミスとして判断され、特に影響はありません。

問題は重大な記入内容のミスであり、明らかにおかしいと判断された情報は審査に落とされてしまいます。

特に多いのが虚偽記載の問題です。

注意

嘘をついた場合、信頼性は一切ないものと判断され、その時点で審査に落とされます。

また、嘘をついていることによって、本当の情報を公開する意思がないと判断され、他の情報なども含めて審査に落とされます。

虚偽記載はほぼ審査に落とされてしまうため、絶対に行わないようにしましょう。

他にも正しい表記ができていない、入力しなければならない情報が未記載であるなどの問題があると審査に落とされます。

入力した内容はしっかり確認するように心がけ、間違っているポイントがないようにしましょう。

審査項目⑦:過去の犯罪歴

過去に犯罪歴が残っている人は審査に落とされます。

これは警察のデータベース照会が低金利ローン審査に加わったことで、過去の犯罪歴による問題行動を確認されてしまうのです。

犯罪を犯した人は、その時点で信頼性がないものと判断され、審査に落とされます。

MEMO

警察のデータベース照会は、過去には行われていなかった行動です。

近年になり反社会的勢力への融資が行われるリスクが高まったことにより、確認作業が義務化されました。

この義務化により、銀行側は必要な情報を確認し、犯罪歴が無いか見ているのです。

基本的に起訴されているとデータベースに名前が残ってしまうため、その時点で審査に落とされます。

過去に刑罰を受けている人は、警察のデータベースから情報が削除されない限り、審査を通過することはできません。

低金利ローンの審査通過のコツは?

低金利ローンの審査を通過したいのであれば、以下のポイントをしっかり抑えておきましょう。

  • 収入を増やす
  • 限度額を適切な数字に抑える
  • 他社借入を減らす
  • 勤務年数を増やす
  • 信用情報の確認
  • 銀行口座の作成
  • 虚偽記載の確認

こうした内容を確認しておけば、審査通過の確率は大幅に高くなります。

どうしても低金利ローンの審査を通過したいと思っているなら、これから紹介する内容をしっかり見ておきましょう。

収入を増やす

収入を増やすことは、信頼性を大幅に上昇させる効果があります。

10万円でも収入が増えていれば、それだけ信頼できるものと判断され、審査通過の確率が上昇します。

審査を通過したいと思っているなら、収入を増やすだけの努力をしたほうがいいでしょう。

MEMO

低金利ローンの審査では、前年度の収入を参照して審査を行います。

前年度の収入が多ければ多いほど、安心して審査を通過できるものと判断しておきましょう。

副業など、できる範囲のことで収入を増やしてみるのもいい方法です。

限度額を適切な数字に抑える

限度額を適切な数字に抑えるように心がけ、希望している借入額をあまり増やさないようにしましょう。

希望している借入額が多すぎると、その分だけ収入が必要になってしまい、審査に落とされる確率は高くなります。

自分の収入で借りられる金額がどれくらいなのか、把握した上で限度額などの設定を考えておきましょう。

MEMO

基本的には年収の3分の1程度を目安として、それ以上の借入にならないように調整してください。

限度額や借入の希望額を調整できるのは申込者ができる簡単な対応方法です。

欲張って借りないように心がけ、少額借入をベースとして検討していきましょう。

他社借入を減らす

他社借入は減らさなければなりません。

信頼性を高めるためには必要不可欠な行為ですし、他の会社から借りている状況が生まれていると審査に落とされやすくなります。

10万円でも借入額を減らすなどの対応を取り、借入額を抑えておくことが重要になります。

MEMO

理想は借入額が存在しない状態です。

どの会社からも借りていない状態を作っておけば、信頼性は大幅に上昇するでしょう。

理想的な状態を作るために、借入を持っている人は借入をへらすように心がけてください。

勤務年数を増やして信頼性を高める

勤務年数を増やすことにより、信頼性は高まります。

同じ会社で長く仕事をすることにより、審査を通過しやすくする状態を作りましょう。

1年でも勤務年数が増えると、審査を通過しやすい状態が生まれます。

MEMO

10年以上に到達すると、長く仕事をしていることによる信頼性が確保されます。

勤務年数を2桁に乗せておくことで、低金利ローンでは非常に大きな有効性が得られます。

時間はかかりますが、まずは勤務年数を増やす方向で考えましょう。

信用情報を事前に確認する

信用情報を事前に確認し、自分が置かれている状態を知っておきましょう。

自分が審査に落とされる状態なのか、それとも審査を通過できる状態なのか知っておくのです。

審査に落とされる状況であれば、審査に落とされないように審査を受けないという選択が可能です。

MEMO

信用情報を事前に調べるのは費用がかかりますので、負担は大きくなります。

ただ、どうしても審査を通過したい低金利ローンがあれば、そのローンを利用するために情報を知っておくのもいいことでしょう。

場合によっては複数の会社から情報を取り寄せ、審査を通過できるか判断するのもいい方法です。

利用する銀行口座を作成する

利用する銀行の口座を作成し、事前にサービスを利用できる状態にしましょう。

一部低金利ローンでは、銀行口座の作成が条件に記載されています。

条件に記載されているようであれば、まずは口座開設から済ませておきましょう。

MEMO

これは誰でもできる簡単な方法です。

銀行口座を作成し、その銀行で預金を入れておけば問題なくサービスを利用した実績を作れます。

審査に落とされそうであれば、口座開設と預金を行ってみるといいでしょう。

虚偽記載がないように確認する

虚偽記載などがないように、送信する情報は徹底して確認しておきましょう。

虚偽記載があればその時点で審査に落とされてしまいます。

1つでも間違った情報がないように、細かいところまでチェックしてから情報を送信するように心がけてください。

低金利ローン審査の注意点

低金利ローンでは、審査時に気をつけるポイントがいくつかあります。

  • 1度審査に落とされた場合は間隔を空ける
  • 審査は長いのでゆっくり待つ
  • 審査落ちの詳細はわからない
  • 利用できる状況が返歌する場合もある

審査というのはある程度時間がかかるものですが、それ以上に審査に落とされたときの対応が厳しいため気をつけたほうがいいでしょう。

これから紹介する内容を確認し、審査時に気をつけておくポイントを理解しておきましょう。

1度審査に落とされた場合はしばらく間を空ける

1度審査に落とされた場合は、半年程度間隔を空けないと再び審査に落とされます。

何度も審査を受ければいいというものではありません。

審査は最低限の回数で、なおかつ信頼できる情報を提供しなければなりません。

注意

何度も審査を受けた場合、銀行側が面倒な顧客と判断し、ブラックリスト入りの処分を下します。

ブラックリスト入りすると審査通過の確率はなくなります。

絶対に避けるためにも、審査落ち後半年間は審査を受けないようにしましょう。

審査にかかる時間は長い

低金利ローンの審査はかなり長くなっています。

場合によっては1週間以上審査を受けていることもあります。

理由としては、警察のデータベース照会や情報の整理に時間がかかるためです。

注意

短時間で審査が終わるのは消費者金融の話であり、銀行では早期の対応は期待できません。

基本的に審査は長引くものとして判断し、ゆっくり待ちましょう。

審査落ちの詳細は伝えられない

審査に落とされた場合、詳細は一切不明のまま審査に落とされます。

どの項目が理由で審査に落とされているのか不明な状態で審査落ちとなるため、自分で理由を考えなければなりません。

中には複数の理由が絡んでおり、そう簡単に把握できない人もいるでしょう。

MEMO

審査落ちの詳細を伝えないのは、その部分だけ虚偽の記載で改善されるリスクがあるためです。

こうした問題を避けるため、銀行側は一切伝えてくれません。

基本的に情報はわからないものと判断しておきましょう。

希望限度額や金利で契約できない場合あり

審査を通過しても、希望している限度額などで契約できない場合があります。

限度額が変化することにより、金利面も高くなる可能性があります。

予想以上に厳しい結果に終わる可能性もあるため、銀行から通知される情報はしっかり確認しておきましょう。

オススメの銀行カードローン

低金利のカードローンとしてオススメの銀行カードローンを紹介します。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行が発行しているカードローンです。

最大800万円まで融資される商品で、金利は2.0%~14.0%と低い数字を実現しています。

キャンペーンが定期的に開催されており、利用できる場合は更に低金利を実現できる場合があります。

メガバンクのカードローンとして信頼性が高く、比較的スピーディーな審査が期待できるのもいいところです。

横浜銀行カードローン

横浜銀行が全国展開しているカードローンです。

最大1,000万円という高い限度額を実現しており、金利も1.5%~14.6%と地方系銀行では低い数字を実現しています。

銀行口座を持たなくても発行できるため、過去に横浜銀行を利用していないユーザーでも利用できるチャンスがあります。

審査完了と同時に融資ができるなど、利便性も高いのが特徴です。

楽天銀行スーパーローン

ネットバンキングの楽天銀行が提供しているカードローンです。

定期的にサービスの見直しが行われており、現在は限度額最大800万円、金利は1.9%~14.5%に設定されています。

このカードローンも定期的にキャンペーンが開催されており、利用すると初回に限り金利を半分にしてくれるメリットを得られます。

ネットバンキング故に審査スピードが早く、審査基準もそこまで厳しいものではないため、銀行カードローンを保有できずに困っている方は狙い目です。

まとめ

ここまで低金利ローンの審査について説明しました。

低金利ローンの審査はこのように考えられています。

  • 低金利ローンの審査は厳しい
  • 様々な項目を細かく見て審査を行っている
  • 審査落ちとなるような情報を1つでも見つければ審査落ち
  • 審査落ちの理由は告げられない
  • 審査落ちを避けるためには1つ1つの情報をいいものにしていく必要がある
  • 虚偽記載だけは絶対避ける

こうした状態で審査を行っているため、厳しい対応を取っていると言えるでしょう。

審査を通過したいと考えているなら、基準となる審査内容をしっかり把握した上で、審査落ちにならないよう記入内容をしっかり見ていく必要があります。

何度も審査落ちしないためには、1回目の審査でしっかり決める方向で考えていきましょう。

おすすめの記事