カードローンの審査は甘い?審査基準を徹底解説!

カードローンとは、個人に対して銀行や消費者金融が融資をしてくれるサービスになります。
実は、クレジットカードにも審査があるように、カードローンにも審査があります。

この審査は、申し込み者に返済能力があるかを確認するとても重要な作業です。

したがって、審査がないカードローンは基本的にありません

本記事では、カードローンを申し込む際の審査は甘いのか、審査基準に関して消費者金融、銀行とわけて徹底解説して行きたいと思います。

カードローンの審査は甘い?

カードローンとは、銀行や消費者金融が個人に対し、融資をしてくれるサービスです。

その際に行われる審査は、申し込み者に返済能力があるのかを確認しているため、決して甘くはありません

また、審査がないこともほとんどありません。必ず審査は必要になります

注意
注意
審査をせずに融資をしてくれるといった場合には、闇金である可能性が高いです。
闇金は違法なため、審査がないからといって申し込むのは絶対やめましょう。

カードローンを提供している金融機関は3種類

カードローンで融資をしてくれる金融機関は主に3つあります。

1つ目は消費者金融です。アイフルやアコムがこの消費者金融に該当します。
テレビなどのCMで1度は見かけた方も多いのではないでしょうか。

2つ目は銀行です。三井住友銀行や、三菱UFJといったメガバンクでもカードローンサービスを提供しています。
この2つを比べた時に、審査に通りやすいのは消費者金融です。

3つ目は信販系です。JCBといった会社がここに該当されますが、あまり知名度は高くありません。

本記事では主に、消費者金融、銀行カードローンについて紹介していきたいと思います。

審査に受かりやすいのは消費者金融

一般的に、カードローン審査の受かりやすさは、

消費者金融>信販系≧銀行カードローン

となっています。

金利が低くなるほどに審査は受かりにくくなるのです。
その理由は、消費者金融と銀行の業務形態の違いです。

銀行では、貸金業の他にも、私たちの貯金を預ける「預金」という業務を行っています。
私たちに貸してくれる融資はこの預金から工面するので、資金集めに困りません。

金利を低く融資をするのであれば、たくさんの人が銀行カードローンを志望しますね。
しかし、結果回収できないのであれば、利益は見込めません。

そのため返済能力を重視し、限られた人に金利を低く融資を出しているのです。

一方、消費者金融は貸金業のみ行っています。
融資のためのお金は、消費者金融が銀行から借りているため、当然利子がついています。

そのため利益を上げなくてはならず、その結果銀行カードローンより金利が高くなるのです。

MEMO
平成30年度に、カードローン貸出残高の増加をうけ、銀行カードローンの即日融資の停止といった措置が決定しました。

銀行カードローンの審査が厳格化したことでより、消費者金融の方が審査が甘いと感じるのかもしれませんね。

消費者金融で無理な取り立てをされることはない

消費者金融ときくと、無理な取り立てをされたりといったイメージを思い浮かべる人もいるのではないですか。

しかし、このイメージは消費者金融がサラ金と言われていた1970年代のイメージになります。

現在の消費者金融は、貸金業法の規定により無理な取り立てや、高い金利を貸し付けることは法律で禁止されています。

返済方法も、少額で返済計画を立ててくれる場所も多いです。そのため毎日返済に追われるといったことも起こりません。

MEMO
メモ
消費者金融では、貸金業法の総量規定という決まりで、年収の3分の1以上は融資を受けられないことになっています。

そのため、明らかに返済能力を超える額の融資は受けられません。

闇金に審査はないが、絶対に借りてはいけない

注意して欲しいことは「審査がない場所がいいと思って選んだ消費者金融が闇金だった」というケースです。

闇金は、国から認定を受けていない貸金業になるため、違法な金融機関です。

そのため、高額な利子を要求してきたり、無理な取り立てをする場合もあります

店舗を選ぶ際には、国認可のマークがついた消費者金融を選ぶようにしてください。

また、疑問を感じたら、近くの法律事務所などに相談するようにしましょう。

注意
ソフト闇金について
最近は、ソフト闇金といい女性受けのいいサイトを作って、堂々と営業をかけている闇金業者もあります。
しかし、こちらも違法なため絶対に利用するのはやめましょう。

実際に審査に申し込んでみる

消費者金融で融資を受ける際も、銀行で融資を受ける際も流れは下記のようになります。

  1. 申し込みをする
  2. 審査
  3. 融資を受けとる
  4. 返済

最近では、店舗に行かなくてもWEB上で完結できる消費者金融、銀行も増えています。そのため、人目を気にしなくてもいいのがポイントです。

実際の申し込みフォームは以下のようになっています。

このように簡単な質問事項があるので、誤字脱字のないようしっかり記入してください。

必要書類について

プロミスを例にしてみてみましょう。

【応募資格】

お申込いただける方の条件は、年齢18~69歳のご本人に安定した収入のある方です。

主婦・学生でもアルバイト・パートなど安定した収入のある場合はお申込いただけます。ただし、高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

(引用:プロミス公式HP

プロミスでは18歳から申し込み可能となっていますね。

必要書類

本人確認書類運転免許証、経歴証明書も可、パスポート

(2020年2月3日以前に申請し、発行されたもので、住所欄に現在お住まいの自宅住所が記載されているもの)

健康保険証、マイナンバーカード(通知カードは不可)、在留カード/特別永住者証明書

(引用:プロミス公式HP

プロミスは、WEB上での申し込みが可能です。その場合は上記の必要書類を写真で送付すれば申し込みは完了になります。

注意
引っ越しなどで登録住所と必要書類の住所が異なる場合は、上記に加えて公共料金の支払い書などが必要になります。

在籍確認はある?

在籍確認とは、申し込み者が本当に勤務先に勤めているかを確認するために、職場に電話をすることを指します。

在籍確認は、基本的に行っていない消費者金融も多いですが、銀行カードローンなどでは実施しているところも多いです。
また、在籍確認なしという記述があっても、金融機関が必要だと判断した場合には在籍確認が行われることがあります。

自分が必ず出る必要はなく、同僚などに「〇〇は現在席をはずしております」と言ってもらえるだけで大丈夫です。

また、在籍確認では基本的に消費者金融や銀行から、と名乗ることはせず、お客様情報が漏れないように慎重に行ってくれます。

しかし、勘がいい人には気づかれる恐れもあります。

そういった場合には、在籍確認の時間を指定できないかを金融機関に相談してみましょう。

審査基準について

次は審査基準についてに紹介していきたいと思います。

審査に落ちてしまう人の特徴についても一緒に紹介しているため、ぜひ確認してみてください。

返済能力が基準

審査に通る基準としては、申し込み者に返済能力があるか、という点を一番見ています

  • 職業
  • 収入
  • 勤続年数
  • 過去の返済履歴
  • 信用情報の傷の有無

といったことを確認しています。

返済能力がないと判断されてしまう人の特徴

それでは、返済能力がない人の特徴についてみてみましょう。
基本的に以下の人は審査に落ちやすくなってしまいます。

  • 収入がない
  • 職業が不安定
  • 勤続年数が浅い
  • 信用情報に傷がある
  • 複数の借り入れも同時に申し込んでいる
  • あるいは現在、複数の他社から借入をしている状態

収入がない

1つ目は特徴は収入がない人です。
多くの消費者金融、カードローンも一般的には応募資格に「仕事をしている」という条件が付きます。

仮に、アルバイトといった非正規社員でも定期的な収入があれば借入は可能であるため、まずは職を手に入れることが重要になってきます。

また、専業主婦では申し込みが可能なところは限られています。
申し込みが可能な場合でも、扶養主の収入によるため、完全に一人で借りるのは難しいです。

職業が不安定

2つ目は職業が不安定な場合です。

フリーランスや個人事業主といった情勢に左右されてしまう職業も、カードローンに落ちてしまう恐れがあります

この場合、消費者金融での申し込みは問題がないのですが、銀行カードローンでは落ちてしまう場合があります。
表は職業によるカードローン審査通過度になります。

職業 受かりやすさ
会社員
自営業・個人事業主
公務員
フリーター・アルバイト
学生
専業主婦
無職 ×


勤続年数が浅い

勤続年数が浅いと言っても、銀行カードローンの中には内定者むけの学生への融資をしている金融機関もあります。

そのため、基本的には勤続年数で落ちることはありません

しかし、注意しなければならないのは転職を2回以上短期間に繰り返している場合などです。
そういった人は、まず3か月以上働いてから申し込みをするといいでしょう。

信用情報に傷がある

3つ目は信用情報に傷がある場合です。

一般的に信用情報とは、CICという情報機関が管理を行っています。
このCICという情報機関では、過去の借り入れ状況から普段の生活の支払い状況までを確認することができます

公共料金の支払いや携帯代の滞納も信用情報に傷をつける原因となるため気を付けましょう。

また、ブラックリスト入りしている場合は審査は難しくなります。

もし自分がブラックリスト入りしてるか確認したい場合は実費で1,000円かかってしまいますが、CICに情報開示することをオススメします。

複数の金融に申し込む

4つ目は、同時に複数のカードローン会社に申し込みをしている場合です。

借入の申し込み情報は、先程も紹介したCIC(世界情報機関)に伝達されます。
そこの情報を照らし合わせて審査するのですが、どの消費者金融・銀行カードローンに申し込みをしているかはCICに伝達が入ってしまいます。

そのため、1度に複数の借入を行うと、多額のお金を必要としていると判断され、返済能力を疑われてしまいます

他社への借り入れ

5つ目は他社への借入がある場合です。

多くの銀行、消費者金融では他社への借り入れがあっても融資可能な金融機関が多いです。
しかし、2店舗以上の借り入れがある場合は注意が必要です。

借入している額にもよりますが、一部の厳しい銀行カードローンの審査には落ちてしまう可能性があります。

無職でもカードローンの審査を通過することは可能か?

多くの消費者金融、銀行カードローンが申し込み資格に「一定の収入があること」を挙げています。

そのため、この2つの機関から無職の方が融資を借り入れするのは難しいと思われます

また、退職する前の段階であれば消費者金融で即日融資を受けることができます。

そのため、これから無職になってしまう可能性がある、という方は事前に借入をしておくことをオススメします。

失業中の場合、失業保険などを検討

無職の場合はカードローン融資ではなく、生活保護などの公的支援がオススメします。
公的支援には、生命保険の契約者貸付という制度であれば無審査で融資を受けられます。

また、失業中の場合は、市役所で総合支援金という援助を受けられます。

この援助は保証人が要る場合は無利子、いない場合でも年1.5%とかなり小額で、融資を受けられます。

現在失業中でカードローンを考えている方はぜひ一度市役所で問い合わせてみてもいいかもしれません。
学生・アルバイトの場合は?
学生・アルバイトの場合でも、融資の申し込みは可能です。

しかし、20歳以下の場合は親の同意書が必要になります。また、銀行カードローンも借りられますが、しっかりとアルバイトなどによる定期的な収入が必要になります。

また、学生ローンといった学生向けのカードローンのサービスもあります。
貸付額は5万円から10万円と小額ですが、少しの間の生活費への補填であれば十分だと思われます。

審査で受かりやすくするには

これからは、少しでも融資に受かりやすくなる方法についてまとめました。

事前準備、申し込み時に注意点があるのでぜひ参考にしてみてください。

【事前準備】事前に借り入れを少なくする・まとめる

申し込みの際に、事前に借入額を少なくするのもポイントの1つです。

「借入先が複数あって、どうやってまとめるのかわからない…」

といったかたには、おまとめローンがオススメです。
H4 おまとめローンを検討
おまとめローンは、複数の借入先をまとめて一つの消費者金融・銀行カードローンへまとめるサービスになります。

基本的に高い金利の会社から、低い金利に乗り換えることが多いため、消費者金融から銀行カードローンへまとめるといったケースが多いです。

三井住友銀行などでは、おまとめローンの際に金利を引き下げるサービスを行っている銀行もあります

銀行によって特典が異なるため、おまとめローンをしたい場合には希望の銀行・消費者金融に問い合わせてみるといいでしょう。

【申し込み】嘘は書かない

申し込みの際用紙に嘘の記述はしてはいけません
あたりまえですが、現在ある借入金額を少なく記入したりといったこともあります。

また、良くある間違いとして
「旧姓を間違えて記入してしまった」
「引っ越しで前の住所を記入してしまった」
というようなことがあります。

こういったことがないように、しっかりと申し込み用紙欄は間違えず記入するようにしてください。

借入額を低く設定する

また、1つの手として借入額を少なく設定する手もあります。

借入額は、審査通過後に増額が可能です。

そのため、まずは低い金額で融資を申し込み、その後融資額を増額してもらうことも一つの手でしょう。

MEMO
メモ
実家暮らしの場合、一人暮らしより生活の負担が少ないと判断され審査に受かりやすくなる場合があります。
なかなか住居を変えることは難しいですが、可能であれば引っ越しも視野に入れてもいいかもしれません。

オススメ消費者金融と銀行カードローン

いかがでしたか。最後に、カードローン審査が比較的受かりやすいと言われている消費者金融、銀行カードローンについて紹介します。

プロミス

プロミスは、審査スピードが速いことが特徴的です。

最短30分で申し込みから融資までが完了するため、すぐにお金が必要な人にはとてもオススメです。

特に24時間365日で申し込みが可能なため即日融資が欲しいといった方には嬉しいポイントですね。

また、プロミスは資格条件として、満18歳以上69歳以下で収入があるものと定めています。

満18歳以上ということは、学生やアルバイトであっても借り入れできる可能性は高いということになります。

そのため、比較的審査は通りやすいでしょう。

アコム

引用:アコム公式サイト(https://www.acom.co.jp/)

アコムは「初めてのアコム」でお馴染みですね。

下記の表をご覧ください。アコムが発表している消費者金融の審査通過率となっていますが、アコムは1位を獲得しています。

消費者金融 審査通過率
アコム 41.2%(※1)
プロミス 35.8%
アイフル 38.1%
レイクALSA 33.8%

 出典:アコム「マンスリーレポート2021年3月期」

応募条件も満20歳以上との記載もあるため、比較的審査に通りやすいといえますね。

楽天スーパーローン

銀行カードローンでは、楽天スーパーローンがオススメです。

楽天スーパーローンでは、楽天会員だと審査が優遇されるという優遇措置があります。

そのため、使用しているクレジットとカードが楽天カードの場合は一般銀行より高くなると言えます。

また、楽天カードはクレジットカードの中でも比較的審査に通りやすいカードとなっています。

融資がすぐに必要でないのなら、楽天カードを作り、会員ランクをあげてから応募するのもいいですね。

MEMO
また、楽天スーパーローンは必ず在籍確認を行っています。在籍確認が可能な状態にしておくと、返済能力があると判断される可能性が高まりますね。

三井住友カードローン

三井住友カードローンは、大手メガバンクの1つです。

銀行カードローンの中では、比較的通常の審査通過率とはなっていますが、大手メガバンクの安心感は抜群です。

また、金利が1.9%~14.5%とかなり低金利となっているため、後々の返済を考慮するととてもお得ですよね。

まとめ

いかがでしたか。

本記事ではカードローン審査について徹底解説してきました。

ポイントをおさらいしましょう。

  • カードローンには審査は不可欠
  • 審査がない金融機関は闇金の可能性が高い
  • 審査に通りやすいのは消費者金融
  • 基本的に安定した収入があればカードローンの審査は通る
  • 学生・専業主婦でも借りれる

これからカードローンを申し込む人はぜひ、本記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事