仮想通貨やビットコインは今後どうなる?期待できる値上がりと注意点

数年前からインターネット上のデジタル硬貨である仮想通貨やビットコインなど耳にする機会が増えてきましたが、仕組みが分かりにくかったり、リスクが心配だったり、なかなか手を出せていないという方も多いと思います。

ただ、きちんと仕組みや特徴を理解しておけば、初心者でも仮想通貨で取引することができます。

本記事では、仮想通貨の特徴やリスクについて詳しく解説した上で、今後値上がりが期待ができる理由についても解説していきます。興味がある方、これから始めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

仮想通貨とは

仮想通貨(暗号資産)とは、電子データのみでやりとりされる通貨のことで、主にインターネット上で取引される際に用いられるデジタル硬貨のことを表します。

2009年に運用が開始されたビットコインの登場以降様々な種類が存在し、取引量は増加していっています。

仮想通貨の拡大に伴い、仮想通貨に関する法制度の整備も促進。

仮想通貨を法定通貨に交換する業務を行うためには金融庁・財務局の登録を受けなければならないことや、売買での消費税が非課税となることなどが、消費税法で定められています。

仮想通貨・ビットコインの種類

仮想通貨の種類には、ビットコイン・リップル・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・ライトコイン・LISKなどがあり、他にも種類は日々増え続けています。

中でも主流なビットコインからは、ビットコインキャッシュ・ビットコインゴールド・ビットコインダイヤモンド・ビットコインシルバーの4つの派生通貨が誕生しています。

電子マネーとは何が違うの?

デジタル通貨である仮想通貨・暗号資産ですが、電子マネーとは性質が異なることを知っておきましょう。

まず電子マネーは、SuicaやICOCAなどの交通系電子マネーと、WAONやnanacoのような小売系電子マネーの2種類に分かれています。

電子マネーは、電子化された決済手段のことで、基本的に現金に交換して使用することはできません。お金の管理は、鉄道会社などの企業がしており、価値の変動などもありません。

一方で仮想通貨は、インターネット上での取引に利用できること、管理者や発行元が存在しないことが特徴であげられます。

価値の変動が大幅にあり、価値が上がることもあれば急落するリスクもあるため、利用する場合はきちんと理解しておかなければなりません。一

般的には、価値が上がることを期待して、投資目的で利用されるケースが多くなっています。

したがって、価値が変動し管理者がいないものが仮想通貨で、価値の変動がなく起業が管理をしているものが電子マネーと区別できます。

仮想通貨の3つの利用用途と特徴について

仮想通貨の利用用途については、主に3つの活用法があります。

①投資をする

仮想通貨は価格が固定されていないため、投資の対象となることが多いです。価値の上昇や下落することを推測して投資を実行することで、利益を得ることもできるのです。

また、仮想通貨の仕組みを利用すれば、価格が下落していても利益を得ることができます。

投資をする際は、損失を出す可能性もあるため、細心の注意を払っておく必要があります。

②決済をする

仮想通貨は管理者がおらず所有権の移転ができるため、決済をする際に利用することもできます。

店舗やウェブサイトによっては仮想通貨決済に対応しているため、仮想通貨を利用してショッピングをすることも可能です。

また、仮想通貨を利用することで、海外への送金などを格安の手数料で行うこともできます。ショッピングでの決済や送金にも活用できて便利になっています。

③アプリケーション開発に利用する

仮想通貨は分散型アプリケーション開発にも用いられることがあります。

分散型アプリケーションとは、企業や政府、銀行などの中央管理者がいなくても稼働するアプリケーションのことで、利用する参加者全員がデータを分散管理することで、仕様変更などの意思決定に関わることができる仕組みのことです。

特定の技術を持ったプログラマーでなければ開発が難しい領域だったのですが、仮想通貨「イーサリアム」の登場により容易になってきました。現在は、多くの人が分散型アプリケーションの開発に関わっており、様々なプロジェクトがイーサリアムから誕生しています。

仮想通貨を利用するメリットとデメリット

仮想通貨の特徴や利用用途について紹介してきましたが、ここからはメリットデメリットについて解説していきます。

利益を生み出せるだけでなく、デメリットがあることも知っておきましょう。

仮想通貨を利用する3つのメリット

  • 24時間365日いつでも取引できる
  • 価格変動により利益が大きくなることもある
  • セキュリティ対策が万全で信頼できる

まず1つ目のメリットは、「24時間365日いつでも取引できる」ということです。

日本の株を扱う場合は、東京証券取引所が営業をしている朝9:00〜15:00までしか取引することができません。

会社員やサラリーマンは勤務時間中の方が多く、リアルタイムで取引に参加をすることは難しくなります。しかし、仮想通貨であれば、24時間365日利用できるため、仕事終わりや休日の好きな時間に取引することができます。

続いて2つ目のメリットは、「価格変動により利益が大きくなる可能性がある」ということです。

上記でも説明してきた通り、仮想通貨は変動が大きい分、投資信託や株式に比べて大きな利益を得られる可能性もあるのです。

また、ビットコインのようなメジャーな通貨だけでなく、マイナーな通貨で大きな利益を出せる可能性もあります。ただ、価値の急激な下落リスクもあるため、知識があまりない方にはおすすめできません。

最後に3つ目のメリットは、「セキュリティ対策が万全で信頼できる」ということです。

仮想通貨は正確な取引履歴を維持するブロックチェーン技術と、通信の秘匿性を高める公開鍵暗号方式が採用されています。

取引データの改ざんやなりすましをすることが困難であるため、セキュリティ対策が万全で安心して利用することができます。

以前、ハッキングされたこともありましたが、インターネットインフラ事業に特化したGMOグループがGMOコインを所有するなど、様々な対策がされています。できるだけ信頼できる運営元の取引所で口座を作っておくようにしましょう。

仮想通貨を利用する3つのデメリット

仮想通貨にはメリットもありますが、もちろん把握しておくべきデメリットもあります。

  • 投資額を増やすとリスクが高い
  • 不正アクセスやハッキングのリスクもある
  • 値動きを常にチェックすることは難しい

まず1つ目のデメリットは、「投資額を増やすとリスクが高い」ということです。

投資信託や株式に比べて価値変動が大きいため、利益を期待して投資額を増やすと大損してしまう可能性もあります。

種類によっては1円からでも投資ができるため、下限額は気にせずに、少額の投資から始めるようにしましょう。慣れてきたら、少しずつ投資額を増やすといいかもしれません。

続いて2つ目のデメリットは、「不正アクセスやハッキングのリスクもある」ということです。

ブロックチェーン技術や公開鍵暗号方式が採用されたことで、セキュリティ対策が万全になった仮想通貨ですが、取引所がハッキングされる可能性は0ではありません。

日々改善はされていますが、万が一のこともあるため、信頼できる取引所を利用しましょう。

また、自分のアカウントが乗っ取られ、不正アクセスされる場合もあります.。パスワードが他者に漏れないよう、徹底した管理をしておきましょう。

最後に3つ目のデメリットは、「値動きを常にチェックすることは難しい」ということです。

24時間365日取引に参加できるということは、24時間常に変動を気にしておかなければならないということ。

仕事の時間外に取引に参加するために始めても、仕事中も気になって集中できなければ、本末転倒ということになってしまいます。長期での投資をすることを前提に、少額から徐々に始めていくのが理想と言えるでしょう。

注意
仮想通貨のメリットとデメリットについて紹介してきましたが、24時間365日取引できることや価値変動が大きいことが、メリットでもありデメリットでもあるのです。

利用目的や自分の生活に適した方法で始めることが重要です。

仮想通貨の今後の可能性を徹底予想!

仮想通貨のデメリットを知った上で、リスクの大きさから難しそう、やめておこうと感じた方も多いかもしれません。

しかし、仮想通貨(暗号資産)の今後の将来性については、期待できる!と言えます。

今後の可能性に期待できる4つの理由を解説していきます。

決算手段として活用できる

仮想通貨が今後期待できる1つ目の理由は、ショッピングの際に決算通貨として活用できて便利なことがあげられます。

海外だけでなく日本でも、仮想通貨を決済手段とする動きが見られています。すでに、大型家電量販店ではビットコインでの決済が可能になっている店舗もあります。

金融庁が認可している取引所も増えてきており、仮想通貨を現金やクレジットカードと同じ決済手段として認められています。

仮想通貨交換業者として認められている取引所は以下の通りです。

・コインチェック株式会社(Coincheck)
・ビットバンク株式会社(bitbank)
・GMOコイン株式会社(GMOコイン)
・株式会社DMM Bitcoin(DMM Bitcoin)
・株式会社ビットポイントジャパン(BITPOINT)

現在は一部の店舗でしか活用できない仮想通貨での決済ですが、今後はさらに決済手段としての需要が高まることでしょう。

実用性がさらに高まることで、今後はさらに期待できると言えます。

値動きの幅が大きい

仮想通貨は、投資信託や株やFXに比べて値動きの幅が大きいため、昔に比べチャート(1週間・1か月などの株価をグラフ化して見やすくしたもの)が右肩上がりになっているのも、大きな利益が期待できる理由の1つです。

例えば、ビットコインは2016年1月、概ね300〜500ドルだったが、2022年2月4日時点ではおよそ3万7,300ドルで取引されていました。

したがってビットコインは、約6年間で74.6〜124.3倍にまで上昇した計算になるため、右肩上がりになっています。

価値が大きく上がると多くの人に注目されるため、さらに値動きが上昇する可能性が高いと推測できるのです。

取り入れる企業が増えている

海外ではすでに多くの大手企業が仮想通貨での決済を取り入れているため、今後は世界各国で取り入れていく企業が増えていくと考えられます。

日本ではまだ使用できませんが、海外ではスターバックスやサーティーワンなどでも、決済として使用することができますよ。

これから多くの企業が参入して、仮想通貨での決済手段を取り入れることで、さらに仮想通貨の価値が高まり、今後の将来性が期待できると言えます。

プラットフォームとしての価値がある

イーサリアムのように分散型アプリケーション構築のプラットフォームでは、生活に役立つ様々なサービスが展開されると考えられます。

分散型で管理することにより、セキュリティ強化や情報漏洩のリスクを減らすことができます。

まだまだ一般的に浸透してはいませんが、今後は役に立つプラットフォームとしての価値が高まるでしょう。

将来性のある仮想通貨を見極めるポイント

仮想通貨が今後期待できる理由について解説してきましたが、全ての仮想通貨の価値が高く、期待できるというわけではありません。

むしろ、ほとんどの仮想通貨の将来性が低いと言えます。

そこで、今後さらに期待できる仮想通貨の見極めるポイントについて紹介していきます。

時価総額が高い通貨を選ぶ

まずは1つ目は、仮想通貨市場での時価総額が高いかどうかで選ぶ必要があります。

仮想通貨市場での需要がそのまま数字に現れるため、時価総額が高いほど安定している通貨と言えるでしょう。

ビットコイン・リップル・イーサリアムなどは数年間時価総額が安定して高いため、長期投資としておすすめできます。

企業が提携しているかで選ぶ

続いて2つ目のポイントは、企業が提携や出資しているかどうかで選ぶことです。

企業が提携・出資している仮想通貨なら、信頼性も担保されているため将来性が期待できると言えるでしょう。

仮想通貨はビジネスにも使えるので、今後は企業の参入や出資なども増えていくと考えられます。

実際に、トヨタ自動車や三菱東京UFJなどはイーサリアム企業連盟に加盟しているなど、大企業が提携しているケースも多いのです。

プロジェクトが活動している通貨で選ぶ

最後に3つ目のポイントは、仮想通貨のプロジェクトがきちんと活動しているかで選ぶということです。

例えば、ビットコインであればショッピングの決済手段が目的とされており、イーサリアムであればプラットフォームとしての役割を果たしています。

将来性のない仮想通貨だと、プロジェクトが進行していなかったり、目的が曖昧だったりする可能性があります。

仮想通貨ごとのプロジェクト内容については、SNSやHPなどでも紹介されているため、気になる仮想通貨があれば確認しておくことがおすすめです。

将来性が期待できる仮想通貨

ここまでは、将来性が期待できる仮想通貨を選ぶポイントなどを紹介してきましたが、具体的におすすめな仮想通貨2つについて、特徴を紹介していきます。

通貨によって特徴や変動の仕方も違うため、それぞれの通貨について解説していきます。

①DOP(ポルカドット)

ポルカドットの歴史はまだ浅く、2020年8月に上場したばかりの仮想通貨ですが、上昇率がとても高いのが特徴です。

2020年の12月26日には536円だったものが、2021年の4月5日に5068円まで上がっているのです。4ヶ月間で10倍にまで上昇したため、2021年に大きな話題となりました。

ポルカドットが目指している相互運用性(インターオペラビリティ)の実現に期待が寄せられ、上昇したと考えられています。

ポルカドットは様々なブロックチェーンの架け橋となっているので、今後さらに期待できる通貨の1つです。

通貨名 ポルカドット
単位 DOT
時価総額 3,111,592,573,305
時価総額ランキング 9位
国内取引所 GMOコイン・ビットフライヤー

②ATOM(コスモス)

続いておすすめする仮想通貨が、「ATOM(コスモス)」になります。

2021年に入って大きく上昇した仮想通貨で、2021年1月30日時点では842.73円でしたが、9月19日には4896.54円になり、8ヶ月で約5倍上昇したのです。

「CosmosSDK」という開発キットを使えばだれでも簡単にブロックチェーンを作ることができるため、投資家たちから注目を集めており、ビジネスでも扱われるようになるでしょう。

通貨名 コスモス
単位 ATOM
時価総額 870,230,179,570
時価総額ランキング 20位
国内取引所 GMOコイン

安定して人気のある仮想通貨3選

上記では、現在上昇しており将来性が期待できる仮想通貨について紹介しましたが、安定して人気を得ている仮想通貨が3つあります。

①BTC(ビットコイン)

ビットコインは、主に決済手段として活用されている仮想通貨で、時価総額ランキングが1位です。

世界初の仮想通貨で、時価総額もかなり高いため、ビットコインなら安心しやすいでしょう。

通貨名 コスモス
単位 BTC
時価総額 87,396,398,652,612
時価総額ランキング 1位
国内取引所 DMMビットコイン・コインチェック・GMOコイン・ビットフライヤー

②XRP(リップル)

リップルは、リップル社が管理する中央集権通貨で、手数料が安く数秒で送金ができることが特徴です。

すでに上限枚数発行済みで、枚数を減らして発行されています。

通貨名 リップル
単位 XRP
時価総額 4,712,041,873,781
時価総額ランキング 6位
国内取引所 DMMビットコイン・コインチェック・GMOコイン・ビットフライヤー

③ETH(イーサリアム)

イーサリアムは、分散型アプリケーションを構築しており、発行上限と半減期がなく、時価総額2位と高いのも特徴です。

通貨名 イーサリアム
単位 ETH
時価総額 37,381,927,987,659
時価総額ランキング 2位
国内取引所 DMMビットコイン・コインチェック・GMOコイン・ビットフライヤー

自分に合った仮想通貨を選んで、上手に活用するようにしましょう。

仮想通貨を購入する方法は2つ

気になる仮想通貨はあったでしょうか。実際に購入する方法について紹介していきます。

・仮想通貨販売所から購入する方法
・仮想通貨を売却している人から購入する方法

2つの方法から、なるべく安く購入できる方法を見つけましょう。

仮想通貨販売所から購入する方法

仮想通貨取引所の仮想通貨を販売しているページへアクセスし、必要な金額と希望している仮想通貨を選択するだけで、簡単に仮想通貨を購入することができます。

仮想通貨を簡単に購入したい場合は、販売所で取り扱いのあるレートで購入するのがおすすめ。

初心者でも簡単に手を出しやすく、購入したい仮想通貨を確実に手に入れることができますよ。

ただ、仮想通貨取引所で扱われているレートは高めに設定されていることが多いため、人から購入する方法に比べると割高になってしまうかもしれません。

仮想通貨を売却している人から購入する方法

一方、仮想通貨を売却している人から購入する場合は、仮想通貨取引所を利用して、人が売却したいと思っている仮想通貨から選ぶ方法です。

そこで、購入したいと考えているレートに見合っている通貨があれば購入することができます。

販売所で扱われている通貨よりもレートが安いため、金額を抑えられる可能性が高いと言えます。

ただ、安いレートで売却された仮想通貨は人気が高くすぐに売れてしまうため、確実に購入したい場合は向かない方法となります。

少しでも安く仮想通貨を購入したい方は、一度検討してみても良いかもしれません。

まとめ

以上、仮想通貨の特徴や将来性が期待できる通貨の選び方、おすすめの仮想通貨まで幅広く紹介してきました。

現在は身近なものであるという認識はあまりないかもしれませんが、決済手段として普及していくにつれて、今後は需要も高まっていくことでしょう。

値動きの大きいものはリスクが高いため、まずは慎重に少額の投資から始めると徐々に慣れていくこともできるかもしれません。

仮想通貨を始めるか迷われている方は、本記事の注意点等を参考に検討してみてくださいね。

おすすめの記事