アルトコインを買うならどれ?特徴・メリット・デメリットとともに紹介

2017年から2018年にかけての「仮想通貨ブーム」によるビットコイン価格の急高騰で誕生した「億り人」。

MEMO
億り人とは、株やFXといった金融商品の売買によって1億円以上の資産を築いた人を指す言葉です。

ただ、最近では株やFXというより、ピンポイントに仮想通貨で1億円以上の利益を得た人を指す場面が多くなっています。

仮想通貨ブームの後も仮想通貨取引で短期間のうちに資産を増やしたという話題は絶えず挙がっています。

そんな中で注目されているのがアルトコイン。

アルトコインは、かつてのビットコインのように短期間で価格高騰する大きな可能性を秘めた金融商品として注目されています。

しかし、予想に反して価格高騰しない、または最悪の場合価格が大きく下落し、大きな損失を受けてしまう危険性があるのも事実です。

そこでここでは、アルトコインの特徴やメリット・デメリット、そしてどのようにアルトコインを選べばよいのかを詳しく解説します。

アルトコインは価格の急騰・急落が激しく、中には価格がまったく上昇しないものもあるので、最低限の知識を身につけてから投資をしましょう。

この内容を理解していただくと、アルトコインのメリットを最大限に活かして安全に投資できることは間違いありません。

アルトコインの特徴

まず始めに、そもそもアルトコインとは一体何なのか? その特徴とともに説明したいと思います。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨すべてのことを指します。

仮想通貨=暗号通貨
仮想通貨は2020年5月の法改正により、法律上は「暗号通貨」に名前が変更されました。

ただ、このページでは一般的に普及している呼び方である「仮想通貨」で統一させていただきます。

そのため、ビットコインとちがって「アルトコイン」という名前の仮想通貨が存在するわけではありません。

アルトコインは全世界で1,500種類以上が作成されていると言われており、代表的なものとして「イーサリアム(ETH)」や「リップル(XRP)」、日本発祥の「モナコイン(MONA)」があります。

また、アルトコインの中でも知名度や時価総額、現在価格が低いものを俗に「草(くさ)コイン」と呼びます。

ここまでの内容を踏まえると、アルトコインの特徴は主に以下4つ。

  1. ビットコインよりも技術的に優れたものも
  2. さまざまな用途で作られている
  3. ビットコインの価格と関係が深い
  4. 新しいアルトコインを自分で開発することも可能

これら4つについて、それぞれ詳しく解説していきます。

1. ビットコインよりも技術的に優れたものもある

アルトコインは、ビットコインが開発された後につくられた仮想通貨。

そのため、アルトコインの根本的な技術・機能はビットコインと変わりません。

ただ、後発ということもありビットコインが抱える欠点を改良したものが多く、機能面ではビットコインよりも優れたものが多くあります。

たとえばビットコインは決済通貨であるにも関わらず、送金に約10分ほどの時間がかかるという大きな欠点が…。

MEMO
ビットコインは投資商品として有名ですが、本来は紙幣や硬貨のような現物が存在しない「お金」です。

ビットコインに対応しているお店やインターネットサイトで、スマホ・パソコンから支払いができます。

簡単に言うと、お店の会計でビットコインで支払おうとすると10分も待つ必要がある場合があるということです。

MEMO
ビットコインの送金・決済速度が遅くなってしまう問題のことを「スケーラビリティ問題」と言います。

このビットコインの送金時間が長いという問題を技術的に解決したことで有名なのが、アルトコインの「リップル」です。

開発会社(リップル社)の公表データによると、リップルは3.3秒という短時間で送金が完了します。

このように、アルトコインはビットコインよりも後に開発されているため、改良・改善することにより技術的に優れたものを作れるのが特徴です。

ビットコインはオープンソース、つまりどのようなしくみで作られているのかがすべて公開されているので、改良・改善も比較的簡単です。

2.さまざまな用途で作られている

アルトコインはビットコインと同じ仮想「通貨」なので、決済や送金を目的としている点は共通しています。

MEMO
ビットコインは汎用性の高い決済・送金手段として開発されました。

ただ、アルトコインはアプリケーションを動かしたり、海外送金やゲーム内での利用など、特定の目的に特化させたりといったさまざまな用途に合わせて開発されています。

アルトコインの性能が国や企業に注目されて採用されることがあれば、世界的に注目を浴びて価格が高騰する可能性も十分にあります。

3.ビットコインの価格と関係が深い

アルトコインの価格は、ビットコイン価格と関係が深いのも特徴です。

その理由は、アルトコインの取引ではほとんどの場合ビットコインが使用されるから。

たとえば私たち日本人が取引所でアルトコインを購入するとき、まずは日本円でビットコインを購入する必要があります。

そして購入したビットコインを使ってアルトコインを購入するわけです。

MEMO
ビットコインは、仮想通貨における「基軸通貨」とも呼べます。

ここまで説明したように、アルトコインの取引は多くの場合ビットコインが介されるという意味で、アルトコインとビットコインは深く関係しています。

そのためビットコインの価格変化に合わせてアルトコインの価格が変化することも多くなります。

ただ、アルトコインの価格がビットコインの価格と同じように上昇・下落することもあれば、ビットコインの価格とは逆に上昇・下落することもあります。

4.新しいアルトコインを自分で開発することも可能

そして、アルトコインはプログラムの知識さえあれば誰でも開発できるという特徴があります。

先ほども説明したとおり、仮想通貨のベースとなるビットコインはオープンソースなので、プログラムの知識があればその内容を理解し、簡単に手を加えて機能追加・改良することができます。

そして、アルトコインもまたオープンソースであることがほとんど。

そのため、ビットコインだけでなく現在あるアルトコインの技術を土台に新たなアルトコインを作ることも現実的に可能です。

実際にエンジニアに依頼したり自らの手で自分の仮想通貨を作り、資金調達をしている人もいます。

注意
仮想通貨は比較的簡単に作れることから、取引や交換を持ちかけられるトラブルや詐欺が多数発生しています。

金融庁も以下のように広く注意を呼びかけています。

出典:https://www.fsa.go.jp/news/r2/virtual\_currency/20210407.html

引用:金融庁ホームページ「暗号資産に関するトラブルにご注意ください!」

このようなトラブル・詐欺に巻き込まれる可能性を引き下げるため、仮想通貨を取引するときは少なくとも金融庁に登録している業者(取引所)を利用するようにしましょう。

ここまで説明したように、アルトコインはビットコインを基に作られた仮想通貨の総称です。

さまざまな目的・用途に合わせて作られている点で、ビットコインとは大きく異なります。

アルトコイン投資のメリット

アルトコインの特徴をご理解いただいたところで、アルトコインを投資対象としてみたとき、どのようなメリットがあるのか? 説明したいと思います。

アルトコインに投資するメリットとして挙げられるのは、主に以下の2つになります。

  1. 大きな利益が期待できる
  2. 分散投資ができる
アルトコインは、このページを読んでくださっている方の多くが期待されている「大きな利益」だけでなく、分散投資できるというメリットもあります。

ここから、この2つについて説明していきます。

1.大きな利益が期待できる

アルトコイン最大のメリットは、大きな利益が期待できること。

アルトコインはボラティリティが大きく、たった1日で数十%〜数倍まで価格上昇するものも。

MEMO
ボラティリティとは、簡単にというと「価格変動の幅」のことです。

そのため、たった1日で投資金額が数倍になる可能性が十分にあります。

また、無名なアルトコインが何らかの理由で短期間で大きな成長を遂げることも少なくありません。

アルトコインで今となっては有名なイーサリアムも、2019年1月1日時点の価格は13,542円でした。

ところが、2022年1月1日現在は441,025円となっており、わずか3年間で40倍近く価格が上昇しています。

もしも2019年からイーサリアムを保有していれば、資産が40倍になっていたことになります。

多くの投資が1年間で数%の資産が増えれば上出来だと言われる中、爆発的に資産を増やすことができる可能性を秘めているのがアルトコインの大きな魅力です。

2.分散投資ができる

そしてアルトコインの2つ目のメリットは分散投資ができること。

先ほども説明したとおり、アルトコインは世界で1,500種類以上が発行されています。

その1,500種類のうちいくつかのアルトコインを購入することにより、リスクを分散することができます。

アルトコインの大きなメリットは、短期間で価格が大きく上昇すること。

しかし一方で、短期間で価格が大きく下落するという大きくリスクも抱えています。

そこで複数のアルトコインを購入することにより、1つのアルトコインの価格下落をほかのコインの価格上昇でカバーすることができます。

このような分散投資によって、価格下落の損失を抑えながら大幅な価格上昇のチャンスを待つことができます。

また、アルトコインと価格の関係が深いビットコインに分散投資するという選択肢もありますね。

これは仮想通貨に限ったことではなく、分散投資でリスクを軽減するするのは投資の基本です。

これら2つのメリットを活かせば、アルトコインで大きく資産を増やすことも夢ではありません。

アルトコインのデメリット

続いて、アルトコインのデメリットについて。

アルトコインだけでなく何事にも言えることですが、メリットばかりではありません。

デメリットを理解することによって、アルトコインで大きな利益を得る確率は格段に高くなります。

そのためアルトコインのデメリットを十分把握しておきましょう。

アルトコインのデメリットは、以下の3つがあります。

  1. 大きな損失を出す危険性がある
  2. 流動性が低い
  3. 一部の取引所でしか取り扱っていないアルトコインがある
アルトコインは、ビットコインや株、外貨のような金融商品とくらべて取引量が少ない点がデメリットとなります。

1.大きな損失を出す危険性がある

アルトコインのデメリットは、大きな損失を出してしまう危険性があること。

アルトコインのメリットで大きな利益が期待できることの真逆ですね。

アルトコインはボラティリティが大きいため、たった1日で価格が数十%〜数倍も変動する可能性があります。

これが価格上昇なら大きな利益となりますが、価格下落なら大きな損失に…。

1つのアルトコインに集中して投資していると、たった1日で資金がなくなってしまう可能性も十分にあることに注意しましょう。

価格の変動が激しいアルトコインだからこそ、分散投資で万が一の価格下落に備えましょう。

2.流動性が低い

アルトコインの2つ目のデメリットは、流動性が低いこと。

アルトコインは、ビットコインとくらべると売買が活発ではありません。

流動性が低いアルトコインを購入すると、自分が売りたいタイミングで決済できない可能性があります。

注意
取引所での取引は、買い手と売り手の両方がいて成立します。

流動性が低いと、自分がアルトコインを売りたいと思ったタイミングで買いたいと考えている人が見つからない場合があります。

そのようなときは、アルトコインを売ることができません。

自分が売りたいタイミングで売れないということは、価格が上昇したときに利益を確定したり、価格が下落したときに損切りができなかったたりするということ…。

流動性が低いアルトコインだと、このように致命的なデメリットがあります。

売買のタイミングを完全に自分で選べないのは、投資としてはかなり致命的です。アルトコインの中でも流動性が高い、つまり人気の高いものを選ぶようにしましょう。

3.一部の取引所でしか取り扱っていないアルトコインも

アルトコインの取引は、日本だと通常は金融庁に登録している業者(取引所)を介して行います。

ただ、取引できるアルトコインの種類は、取引所によって異なります。

MEMO
イーサリアムやリップルのようなアルトコインの中でもメジャーなものであればほとんどの取引所が取り扱っています。

そのため、複数のアルトコインを購入するためには複数の取引所に登録して使い分ける必要があります。

このように、アルトコインの種類によっては一部の取引所でしか取り扱っていないというデメリットがあります。

アルトコインの中でもマイナーなものを取引したい場合、複数の取引所の管理にも意識を注ぐ必要があります。

アルトコインのデメリットは、ここまで挙げたとおりです。

ただ、デメリットのうちの2つである流動性が低いことと一部のアルトコインは特定の取引所でないと取り扱っていないことは、アルトコインの選び方だけで簡単に解決することができます。

アルトコインの選び方

ここまで説明したアルトコインの特徴・メリット・デメリットを踏まえると、アルトコインを選ぶのに重要なポイントは以下の5つになります。

  1. 明確な開発目的があるか?
  2. 実際にプロジェクトが進んでいるか?
  3. 企業の出資があるか?
  4. 流動性が高いか?
  5. 多くの取引所が取り扱っているか?

アルトコインの中でも将来の成長が期待でき、手軽に投資できるものを選ぶ必要があります。

ここから、具体的にどのようにアルトコインを選べばよいのか?説明したいと思います。

1.明確な開発目的

アルトコインを選ぶときに注目したいのが、そのコインの開発目的。

アルトコインの特徴で説明したように、アルトコインはほぼすべてがビットコインを基に開発しています。

そのため、何のためにそのアルトコインを開発するのか?明確な目的がないと成長は見込めません。

開発目的が何もない送金・決済のためだけのアルトコインであれば、すでにビットコインが普及している中で広く受け入れられるのはかなり難しいと考えられます。

また、開発目的があったとしても、需要がなければ普及・成長することはないでしょう。

例を挙げると、アルトコインの中でももっとも時価総額が高いイーサリアムは、ビットコインのデータが改ざんされてしまう危険性を改善することが大きな目的の1つでした。

そしてイーサリアムと並んで有名なアルトコインであるリップルは国際送金の手間とコストを大幅に削減するという目的がありました。

どちらも明確な開発目的があったからこそ、世界的に広く知られ取引されるアルトコインに成長したと言えます。

このような理由から、そのアルトコインがどのような目的で開発された(またはこれから開発される)のかが重要です。

2.実際にプロジェクトが進んでいるか

アルトコインの開発目的が明確だった場合、そのプロジェクトが実際に進んでいるかどうかが重要になってきます。

すでに広く知られているアルトコインであれば問題ありませんが、これから開発を始めるものなら注意が必要です。

いくら開発目的が画期的で素晴らしかったとしても、アルトコインという形にならなければ話になりません

注意
アルトコインは誰でも作れるという性質上、開発途中で問題が起こって頓挫してしまい、結局アルトコインが作られなかった…。ということも往々にしてあります。

また海外では、開発目的から資金調達だけを行い、そのまま消える詐欺も多発しています。

また、開発目的を具体的に形にできる技術を持ち合わせていることも確認する必要があります。

開発者や開発メンバーに知名度のあるエンジニアが加わっていれば、優れた技術のアルトコインが完成することが期待できます。

これからアルトコインに投資したいと考えている人には、すでに完成しているものを選ぶことをおすすめします。

3.企業の出資・提携

アルトコインを選ぶとき、企業の出資や提携があれば今後成長する可能性は高くなります。

企業がアルトコインに出資または提携するということは、そのアルトコインの将来性に期待しているということですからね。

また、関わっている企業が大きければ大きいほど、そして多ければ多いほど社会的な注目を集めます。

このような理由から、どのような企業が出資・提携しているアルトコインなのか?チェックしましょう。

4.流動性が高いこと

先ほど説明したように、アルトコインはビットコインやほかの金融商品とくらべると総じて流動性が低いというデメリットがあります。

ただ、その中でもできるだけ流動性が高いものを選ぶようにしましょう。

アルトコインを投資目的で購入する場合、将来必ず売却して現金化することになります。

その自分が売りたいタイミングで買い手が見つからないのは、投資としてかなり致命的なデメリット…。

このことから、流動性が高いアルトコインを選ぶことが重要です。

5.多くの取引所が取り扱っている

アルトコインは、仮想通貨取引所によって取り扱っているコインが異なります。

その理由は、効率よく手数料の収入を得るために多くの取引が見込まれるアルトコインを選んで取り扱っているから。

イーサリアムやリップルといった人気のアルトコインは多くの取引所が取り扱っていますが、取引高が少なくなるにつれて取り扱っている取引所も少なっていきます。

取引高が少ないコインを取り扱えば、取引所としては手間とコストが増えてしまいますからね。

このことから、多くの取引所が取り扱っているアルトコインは、将来の成長が期待できると言えます。

多くの取引所が取り扱っているアルトコインなら、ここまで説明した選び方をクリアしていることがほとんどです。

おすすめアルトコイン

ここまでアルトコインの特徴やメリット・デメリット、そして選び方について説明してきました。

では具体的にどのようなアルトコインを選べばよいのか?おすすめのものを紹介したいと思います。

1位: イーサリアム(ETH)

取引するのにもっともおすすめのアルトコインは、イーサリアム。

このページの説明の中で何度も出てきたように、イーサリアムは仮想通貨の中でもビットコインに次ぐ、アルトコインの中ではトップの時価総額です。

世界的にも高い評価を受けていて、500以上の企業がイーサリアム企業連合に加盟しています。

そのような利用から、イーサリアムは長期的には価格上昇する可能性が高いため、今から投資しておくことをオススメします。

2位: リップル(XRP)

リップルはビットコイン・イーサリアムに次いで、仮想通貨の中で時価総額3位のアルトコイン。

「国際送金を円滑化・低コスト化する」という明確で需要の高いビジョンを掲げており、すでに世界250以上の銀行・金融機関と提携しています。

すでにみずほ銀行やSBIグループがリップルを使った海外送金の実証実験を行っており、世界中から期待されているアルトコインです。

MEMO
仮想通貨のしくみ上、決済・送金にかかる時間を短縮するのは限界があると言われています。

そこでリップルは仮想通貨のしくみを根本から改善することにより、送金速度の短縮に成功しています。

リップルの技術が国際送金として実用化すれば、価格が高騰することは間違いありません。

今のうちに保有しておくことをおすすめします。

3位:ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)

続いてのおすすめアルトコインは、ビットコインキャッシュ。

ビットコインキャッシュは名前に「ビットコイン」が入っていますが、アルトコインに含まれます。

MEMO
アルトコインの定義は「ビットコイン」以外の仮想通貨です。ビットコインキャッシュはビットコインとは別の仮想通貨であることから、アルトコインに含まれます。

ビットコインキャッシュは2017年にビットコインから分裂して生まれた、比較的新しいアルトコインです。

ビットコインの決済・送金に時間がかかるという欠点克服をはじめ、性能を向上されています。

すでに知名度が高いビットコインから分裂していることから、今後ビットコインに変わる仮想通貨になる可能性も十分に考えられます。

アルトコインまとめ

このページでは、アルトコインの特徴やメリット・デメリット、そして選び方などを紹介しました。

アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。

すでに成長して価格が安定しているビットコインとはちがい、アルトコイン将来が期待されているもののまだまだ成長の余地が残されており、今後の大きな価格上昇が期待できるのが大きなメリットです。

ただ、アルトコインの選び方を間違えると「せっかく投資したのに価格が上昇しない…」という残念な結果を引き起こしてしまいます。

そこでアルトコインを選ぶオススメの方法として、多くの取引所が取り扱っているアルトコインを選ぶこと。

多くの取引所が取り扱っているアルトコインならすでに流動性も高く、今後の成長がより期待できます。

おすすめの記事