JCBカード全14種類(プロパー)を比較 !おすすめはどれだ?メリット&デメリットなど完全ガイド

JCBカードは全部で14種類。

  1. JCB一般カード
    (一般カード)
  2. JCBゴールド
    (一般カードの上位)
  3. JCBゴールド ザ・プレミア
    (ゴールドカードの上位)
  4. JCBプラチナ
    (ザ・プレミアの上位)
  5. JCB THE CLASS
    (プラチナの上位/要インビテーション)
  6. JCB CARD W/JCB CARD W plus L
    (高還元率カード/39歳以下限定)
  7. JCB CARD EXTAGE
    (18~29歳向けの一般カード)
  8. JCB GOLD EXTAGE
    (18~29歳向けのゴールドカード)
  9. JCB CARD R
    (リボ払い専用カード)
  10. JCBカード/プラスANAマイレージクラブ
    (一般カード+ANAマイレージ)
  11. JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ
    (ゴールドカード+ANAマイレージ)
  12. JCB法人カード
    (一般カード+法人・個人事業主用カード)
  13. JCBゴールド法人カード
    (ゴールドカード+法人・個人事業主用カード)
  14. JCBプラチナ法人カード
    (プラチナカード+法人・個人事業主用カード)

このページではJCBプロパーカード14種類それぞれの特徴やデザインを解説して比較しました。

プロパーカードって?
JCBは国際ブランドであり、さらにクレジットカードも発行しています。

このページで紹介するのはJCB一般カードやJCB CARD WなどJCB発行の「プロパーカード」。

楽天カード(JCB)やイオンカードセレクト(JCB)など国際ブランドがJCBの「提携カード」が欲しい人は以下のページをご覧ください。

1分で分かる!JCBカード(プロパー)の種類一覧

JCBのプロパーカードにも、様々な種類があります。

まずは今回紹介する14種類のJCBカードの特徴を把握しておきましょう!

JCB一般カード券面画像
JCB一般カード
JCBカードの中でもっともスタンダード、かつ人気が高いカード。最近はハイスペックなJCB CARD Wに人気負け感はあるものの、世代を問わず通じる堅実なJCBプロパーカード。
JCBゴールド券面画像
JCBゴールド
国内の主要空港ラウンジサービスが付帯し、旅行保険も超充実の自動付帯と標準的なゴールドカード。「JCBゴールドザプレミア」へのランクアップも魅力的。
JCBゴールドザ・プレミアの券面画像
JCBゴールド ザ・プレミア
JCBゴールドカード2年連続100万円以上の利用で取得できるカード。プライオリティ・パス付帯でクレカ好きの間ではコスパ最強カードと評される人気カード。
JCBプラチナ券面画像
JCBプラチナ
プラチナカードにしてはめずしく直接申し込みOK。コンシェルジュなどのサービスも充実で、年会費は27,500円(税込)と現実的なので、ステータス重視の人におすすめな一枚。
JCB THE CLASS 券面画像
JCB THE CLASS
インビテーション限定で発行できる、JCBプロパー最上位のカード。サービス面ではJCBプラチナとそれほど違いはないものの、ブラックカードのステータス性は極めて高い。
JCB CARD W券面画像
JCB CARD W/plus L
JCBの社運を賭けて2017年に登場した「年会費無料×高還元率カード」。39歳以下の全ての方、特にAmazonを使う人には絶対的な自信を持ってオススメしたい一枚。
JCB CARD EXTAGE券面画像
JCB CARD EXTAGE
18〜29歳限定の若者向け一般カード。年会費無料でランニングコストゼロ、最初の一枚としては申し分ないスペック。ただしポイント重視ならJCB CARD Wがおすすめ。
JCB GOLD EXTAGE券面画像
JCB GOLD EXTAGE
20代限定の若者向けゴールドカード。年会費は3,300円(税込)と格安ながら、受けられるサービスはJCBゴールドとほぼ同水準。ランクアップの道筋も明確な一枚。
JCB THE CLASS 券面画像
JCB CARD R
JCB発行のリボ払い専用カード。ポイント還元率が驚異の2%だが、リボ手数料を考慮すると実益性は低い。ただし審査に不安がある人は申し込んでみる価値アリ。
JCBカード/ANAマイレージクラブの券面画像
JCBカード/プラスANAマイレージクラブ
JCBカードにANAマイレージクラブカードの機能が搭載したカード。ただしANAマイルが“貯まりやすい”カードではないので、敢えて発行する必要はない。
JCBカード/ANAマイレージクラブの券面画像
JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ
JCBゴールドにANAマイレージクラブカードの機能が搭載したカード。ただしANAマイルが“貯まりやすい”カードではないので、敢えて発行する必要はない。
JCBプラチナ法人カード券面画像
JCB法人カード
JCBの法人向けカードの中でも最もスタンダードなカード。法人向けサービスが付帯し、バックオフィス業務の負担が減るので個人事業主や法人経営者は持っておきたい。
JCBゴールド法人カード券面画像
JCBゴールド法人カード
JCBゴールドの特典に法人向けサービスが追加されたのがJCBゴールド法人カード。業績が伸びてきて、出張や接待が多くなってきた人にはおすすめしたい一枚。
JCBプラチナ法人カード券面画像
JCBプラチナ法人カード
JCBプラチナカードに法人向けサービスが追加されたのがJCBプラチナ法人カード。接待や出張に便利なコンシェルジュサービスが付帯。
おすすめのJCBカード

JCBプロパーカード全14種類

続いて、JCBカード一枚一枚のさらに詳しい内容をお伝えします。

カードごとに対象年齢や付帯サービスが異なるため、ご自身にあったカードを見つけてくださいね。

1.JCB一般カード

JCB一般カード

JCB一般カード

  • JCB
JCBの中でスタンダードな一枚。将来的にゴールド、プラチナとステップアップしたい方も、まずはここから。
  • 海外◎
  • スピード発行
  • 電子マネー
  • 初めて
初年度年会費 2年目~年会費 還元率 電子マネー等
無料 1,375円 0.50~2.50%
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • ネット申込で初年度の年会費無料
  • 一人前の社会人として信頼感あるプロパーカード
  • ゴールド、プラチナ、さらにその上にランクアップあり
  • 平日11時までのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け
  • ポイント優待◎(例: Amazonやセブンイレブンは3倍)
  • Apple PayやGoogle Payも利用可
  • 通常ポイント還元率は約0.5%と高くない
  • 家族カードは年会費が税別400円かかる(本会員が無料のときは無料)
  • 旅行保険は利用付帯なので代金の決済が必要
  • ANA、JAL両マイルの交換レートは低め
  • アメックスブランドは海外では使い勝手△

JCBカードの中でもっともスタンダード、かつ人気が高いのが「JCB一般カード」

カードの機能は必要最低限ですが、コツコツ使い続けるとゴールド→プレミアムゴールド→プラチナ→THE CLASSと最終的にはブラックカードのインビテーションが。

将来的に高ステータスなJCBカードの取得を目指したい人は、まずは審査基準が低めのJCB一般カードから始めると良いでしょう。

ランキング4位の人気カード

クレマイが独自に行ったアンケート調査ではJCB一般カードは「人気ランキング(総合)」で4位にランクイン。

最も回答数の多かったクレジットカードランキング(上位20)

質実剛健で信頼感のある印象どおり、50代や60代に所有者が比較的多い傾向がありました。

「最短翌日発行」の迅速な発行スピードも特徴的ですね。

最近はJCB CARD Wも!
2017年に発行開始された「JCB CARD W」はまだまだ認知が少なく42位でしたが、年会費無料×高還元率で楽天カードやPayPayカードと比較されるような使いやすいクレジットカードです。

JCB CARD W

JCB CARD W

  • JCB
年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み&39歳以下限定JCBプロパーカード。
  • 節約◎
  • 買い物◎
  • 初めて

2.JCBゴールド

JCBゴールド

JCBゴールド

  • JCB
国内主要空港ラウンジや、自動付帯の旅行保険なども充実したステータスカード。格式ある一枚。
  • スピード発行
  • ステータス
初年度年会費 2年目~年会費 還元率 電子マネー等
無料 11,000円 0.50~2.50%
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • JCBプロパーゴールドのステータスと信頼性
  • 自動付帯の手厚い国内&海外旅行保険
  • 国内の主要空港ラウンジを利用可
  • 海外利用はポイント2倍に(1.0%)
  • 飛行機の遅延などの補償もあり
  • ETCカードは無料、家族カードも一枚目は年会費無料で発行可
  • QUICPay一体型カードも選べる
  • 年100万円以上の利用でプライオリティパス等がつく「JCBゴールドザプレミア」にランクアップ可
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない(特約店は多いが還元率を重視するならJCBカードWが◎)
  • ゴールドカードらしい年会費(初年度は無料)
  • 海外では使えない地域もある

JCB一般カードのワンランク上に位置するのがJCBゴールド

「人気ゴールドカードランキング」で5位にランクインした人気カードです。

年会費は11,000円と標準的な値で、ゴールドカードらしい保険やサービスが備わっています。

さらに上のJCBゴールド ザ・プレミアやJCBプラチナへのステップアップを狙って持つ人も多いみたいですよ。

3.JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールドザ・プレミアの券面画像

JCBゴールドカード2年連続100万円以上の利用で取得できるカード、それがJCB ゴールドザ・プレミアです。

プライオリティ・パス(海外の高級空港ラウンジ使い放題)など上質なラグジュアリーサービスが追加。

プライオリティ・パス=世界中の豪華な空港ラウンジを利用できる会員制サービス

年会費は5,000円アップしますが、利用額が年間100万円以上あれば免除されてJCBゴールドと同額の11,000円で保有可能です。

また、JCBゴールドザ・プレミアのプライオリティ・パスは「1回ごとの利用料はJCBが負担」というプレステージ会員と同等の条件で使えます。

他のカードならプラチナカード以上に付帯することが一般的。年会費が実質11,000円のJCBゴールドザ・プレミアはこの点だけでも非常にお得で、高い人気も頷けます!

JCBゴールドから取得を目指そう

カードフェイスのかっこよさには定評があり、クレカ好きの間ではコスパ最強カードと評される人気カード


直接申し込み不可のレアカードで、JCBカードの中でも特に取得したい一枚です。

インビテーション条件は「JCB ORIGINAL SERIES」のクレジットカードで2年連続100万円以上の利用をした方を対象としています。

JCBブランドでも提携カード(JAL JCBカード等)は対象外のため注意が必要です。

4.JCBプラチナ

JCBプラチナ券面画像
  • プライオリティパスに無料入会できる
  • グルメ ベネフィットによる高級レストランでの優待あ
  • JCBプラチナ会員限定のプラチナ コンシェルジュサービスが24時間対応
  • JCBプレミアムステイプランが提供する一流のホテルや旅館で会員限定サービスあり
  • 最大限度額1億円の旅行傷害保険が付帯

以前はインビテーション限定で取得難易度は高かったですが、2017年より直接申し込みOKになりやや敷居が下がりました。

専用コンシェルジュはもちろん日常の細かなことに関しても利用できるため、生活のパートナーになり得るポテンシャルがあります。

年会費は27,500円(税込)とプラチナカードとしては標準レベルです。

審査は総合的に行われますが、500万円が年収目安。高コスパのハイクラスカードが欲しい方は是非申し込みをしてみましょう!

5.JCB THE CLASS

JCB THE CLASS 券面画像

JCBカードの最高ステータスカード、それがJCB ザ・クラス

年会費は55,000円(税込)とブラックカードにしては安く、年に1回豪華商品を獲得できるサービス「メンバーズセレクションサービス」を使えば実質半額にまで下げられます。

また、JCBザ・クラス専用特典としてプライオリティ・パスのラウンジで同伴者が1名まで無料になりますよ。

JCBプラチナとの違いは他に特にありませんがインビテーション限定のためステータス性は非常に高く、JCBユーザーの誰しもが憧れるカードです。

獲得するには「インビテーション=招待」が必要

ただし直接申し込み不可で、発行にはインビテーションが必要です。

詳細な条件は公表されていませんが、JCBゴールドザ・プレミアやプラチナを100万円単位で利用していれば招待されやすくなると言われています。

ブラックカードの中では年会費も常識的な範囲内なので、目指してみる価値はあるでしょう。

6.JCB CARD W/JCB CARD W plus L

JCB CARD W

JCB CARD W

  • JCB
年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み&39歳以下限定JCBプロパーカード。
  • 節約◎
  • 買い物◎
  • 初めて
初年度年会費 2年目~年会費 還元率 電子マネー等
無料 無料 1.00~5.50%
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • プロパーながら通常ポイント還元率1.0%
  • Amazonやセブンイレブンなど多くのシーンで2.0%以上の超高還元率
  • 年会費無料なのに海外旅行保険が付帯
  • ETCカードや家族カードも無料
  • 男女ともに定評のあるデザイン
  • 女性向けの特典や保険を追加できる「JCBカードW PLUS L」も
  • QUICPayと相性抜群、Apple Payなども利用可
  • 申し込みは39歳以下&WEB限定
  • 利用明細はWEBやアプリのみ
  • ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは少し低め
  • VISAやMasterCardと比べると海外では使えない地域も
  • 敷居は低めなのでステータスは高くない

JCB CARD Wは年会費が無料な上に、他のJCBカードの2倍のポイントが貯まる、新進気鋭なカード。(2019年8月当サイト申込数3位)

申し込み対象が39歳以下限定のカードですが、その分審査の敷居は低く、学生でも申し込みできます。

Amazonでの還元率の高さ(2.0%)は目を引くものがあり、年会費無料でランニングコストがかからないためAmazon用のサブカードとして発行する人も多くいます。

スタバやセブンイレブンをはじめとした実店舗でも優待が受けられるので、生活費の支払いにも適したカードですよ。

JCB CARD W plus L(女性向けの特典付帯)もある

女性向けの「JCB CARD W plus L」というカードも。

“LINDAサービス”といって、美容やトラベルの優待や、女性向けの保険のオプションサービスに加入できるのが通常のJCB CARD Wとの大きな違い。

  • リンダリーグ:エステやコスメの割引や優待を受けられる女性向けのWebサービス
  • お守リンダ:ストーカー被害の損害保証など“女性の安心”を追求したサービス
  • 女性疾病保険:乳がん・子宮筋腫・妊娠時の合併症など女性特有疾患にかかる入院費や手術日を補償

その他のサービス面ではJCB CARD Wと特に違いはなく、年会費も無料で還元率も同じなので、デザインが気に入ったならplus Lを選ぶとよいでしょう。

7.JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGE

  • JCB
学生や20代の方向けのカード。JCB一般カードよりポイント還元率も高く、初めての一枚としては十分な機能。
  • 初めて
初年度年会費 2年目~年会費 還元率 電子マネー等
無料 無料 0.50~2.50%
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • Amazonをよく使う
  • メリット
  • デメリット
  • 18歳以上29歳以下限定で、審査は難しくない
  • 年会費無料で還元率0.75%と通常の1.5倍
  • 初回更新時(5年後)一般/ゴールドに切り替え
  • ETCカードや家族カードの年会費が無料
  • Amazon/セブンイレブンなどで還元率アップ
  • QUICPayと相性が良くキャッシュレス◎
  • 年会費無料/高還元率のJCB CARD Wが人気
  • 海外旅行保険の補償額が不十分
  • VISA/MasterCardよりも海外での使い勝手△
  • ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは低め

18〜29歳限定の若者向けカード、それがJCB CARD EXTAGE

年会費無料で還元率は0.75%と通常の1.5倍。

審査基準も優しめで学生もOKだったため、若者からの支持はJCB一般カードよりも大きかったです。

しかし2017年に還元率常時1.0%超のJCB CARD Wが登場(学生もOK)したことで、還元率で選ぶならJCB CARD EXTAGEを選ぶメリットはやや薄いかもしれません。

8.JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGEカード

JCB GOLD EXTAGEカード

  • JCB
29歳以下限定の若者向けJCBのゴールドカード。入会後3ヶ月間はポイントが3倍、4ヶ月目以降は1.5倍。
  • 初めて
初年度年会費 2年目~年会費 還元率 電子マネー等
無料 3,300円 0.50~2.50%
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 20代限定の年会費3,000円(税別)のヤングゴールドカード
  • 初回更新時(5年後)にJCBゴールドに自動アップグレード
  • 海外旅行保険の補償額が充実(利用付帯)
  • 国内主要31空港、ホノルルの空港ラウンジが無料で使い放題
  • ETCカードや家族カードの年会費が無料
  • Amazonやセブンイレブンでポイントが貯まりやすい
  • 電子マネーQUICPayと相性が良くキャッシュレス◎
  • ポイント還元率は0.75%と中途半端
  • 学生は原則取得できない…(裏技アリ)
  • JCB ゴールドザプレミアへのランクアップはなし
  • JCBブランドは海外で加盟店数が少なく使い勝手△
  • 20〜29歳で大卒初任給くらいの年収があればOK

20代限定のゴールドカード、それがJCB GOLD EXTAGE

年会費が3,300円(税込)と格安ながら受けられるサービス・保険はJCBゴールド(年会費1万円)に遜色ないほど充実。

JCBゴールドJCBゴールド JCB GOLD EXTAGEカードJCB GOLD EXTAGEカード
年会費(税込) 11,000円 3,300円
海外旅行保険 最高1億円 最高5,000万円
空港ラウンジ 国内主要空港 国内主要空港

さらに「入会から5年後にJCBゴールドへ自動切替」とランクアップの道が明確なので、将来を見据えてカードを持ちたい20代におすすめですよ。

9.JCB CARD R(リボ払い専用)

JCB CARD R(リボ払い専用カード)

JCB CARD R(リボ払い専用カード)

  • JCB
JCBオリジナルシリーズのリボ払い専用カード。年会費無料&高還元率、WEB申し込み限定。
  • 独自審査
初年度年会費 2年目~年会費 還元率 電子マネー等
無料 無料 2.00~6.50%
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 他のJCBカードの4倍のポイントが貯まる(リボの場合)
  • 繰上げ返済をすれば金利を安く抑えられる
  • JCB EITが募集終了し、JCB唯一のリボ専カード
  • 海外旅行保険が付帯(補償額は少なめ)
  • ETCカードや家族カードも無料
  • 貯まるOki Dokiポイントは万能なポイントプログラム
  • リボ専なので審査基準は比較的低め
  • 無条件で全てリボ払いになる
  • リボ手数料を無料にする裏技はない
  • 海外キャッシングは一括返済のみ
  • JCBブランドは加盟店数が少なく使い勝手△

JCB CARD Rは「リボ払い専用クレジットカード」。

いわゆる“リボ専”と呼称されるカードで、支払いが自動的に全てリボ払いになるカードです。(一括払いや分割払い不可)

ポイント還元率は他のJCBカードのなんと4倍(還元率2.0%)ですが、それ以上に利息がかかるので、決してお得なカードとは言えません。

審査に不安がある人は申し込む価値アリ

リボ払い専用カードは手数料が発生しやすく、カード会社からすれば収益性が高いカードです。

あくまで勝手な推測ですが、一枚発行あたりの収益率が高くなれば温情発行のハードルも低くなるのではないかと考えられますね。

実際に申し込み条件で学生や主婦に言及していることからも敷居が低めと言えそうです。

ほとんどの人はJCB CARD WでOK
JCB CARD Rでは“繰上げ返済”することで手数料を無料にできますが、その場合ポイントは2倍(還元率1.0%)に半減。

審査に不安がない場合は、同じJCBならJCB CARD Wの方が良さそうです。(わざわざリボ専じゃなくていい)

10.JCBカード/プラスANAマイレージクラブ

JCBカード/ANAマイレージクラブの券面画像

JCBカードにANAマイレージクラブカードの機能が搭載したカード。

基本的なサービスや保険はJCB一般カードと変わりませんが、ANAマイレージクラブカードならではの特典が付帯。

  • スキップサービス(空港で搭乗手続きがいらない)
  • フライトでマイルが貯まる
  • ANAマイレージクラブ提携パートナーでマイルが貯まる

マイルが貯まりやすいわけではない...

ANA便の搭乗でフライトマイルが貯まります。

“複数のカードを一つにまとめられる”が売りで、支持者も一定層はいるんですが、個人的にはどっちつかずな印象が強いですね…。

AMCカードはスマホアプリで代用できますし、ANAマイルが“貯まりやすい”カードではないので、敢えて発行する必要はないのかな、と思います。

11.JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブ

JCBカード/ANAマイレージクラブの券面画像

JCBゴールドカードにANAマイレージクラブカードの機能が搭載したカード、それが「JCBゴールド/プラスANAマイレージクラブカード」です。

基本的にはJCBカード/プラスANAマイレージクラブのゴールドカード版と捉えればOKで、こちらも発行するメリットはあまりないです。

12.JCB法人カード

JCB法人カード

JCB法人カード

  • JCB
あらゆるビジネスシーンをサポートする価値ある法人カード。日々の経費利用や出張でポイントが貯まる。
初年度年会費 2年目~年会費 還元率 電子マネー等
無料 1,375円 0.50~1.25%
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 年会費1,375円と法人カードにしては格安
  • ETCカードを無料で発行(枚数制限なし)
  • 社員カードも複数枚発行できる
  • 国内/海外旅行保険の補償額が充実
  • 限度額は最大でも100万円
  • 申し込み対象は20歳以上
  • 通常ポイント還元率は0.5%と低め

JCBの法人向けカードの中でも最もスタンダードなのが「JCB法人カード」。

JCB一般カードに以下のような法人向けサービスがついたと考えればOK。

JCB法人カードのメリット

骨が折れる経費管理も楽になり、バックオフィス業務の負担が減るので個人事業主や法人経営者は持っておきたいですね。

13.JCBゴールド法人カード

JCBゴールド法人カード

JCBゴールド法人カード

  • JCB
JCB法人カード機能に加え、グルメ優待サービスや、全国のゴルフ場のプレー予約代行などのサービスも。
  • ステータス
初年度年会費 2年目~年会費 還元率 電子マネー等
無料 11,000円 0.50~1.30%
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • オンライン入会で初年度年会費無料
  • ETCカードを無料で発行(枚数制限なし)
  • 福利厚生代行サービスを利用できる
  • 社員カードも複数枚発行できる
  • 国内、海外の旅行保険や各種補償が充実
  • 国内空港ラウンジ、プライオリティパスも付帯
  • 限度額は最大でも250万円
  • 通常ポイント還元率は0.5%と低め
  • ステータスカードだが知名度は高くない

JCBゴールドの特典に法人向けサービスが追加されたのがJCBゴールド法人カード

年会費が高くなる分、JCB法人カードにはない以下のサービスが追加されています。

  • 国内空港ラウンジサービス
  • JCBゴールドグルメ優待サービス
  • ゴルフエントリーサービス
  • 旅行保険

業績が伸びてきて、出張や接待が多くなってきた人にはおすすめしたい一枚ですね。

14.JCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ法人カード券面画像

JCBプラチナカードに法人向けサービスが追加されたのがJCBプラチナ法人カード

JCBゴールド法人にさらにラグジュアリーなサービスが追加された一枚です。

  • プラチナコンシェルジュデスク
  • グルメ・ベネフィット
  • プライオリティ・パス
  • 旅行保険

会食や接待、出張の予約など面倒な業務は、専用のコンシェルジュサービスに丸投げすればかなり楽になりますよ。

JCBカードを持つ5つのメリット

JCBプロパーカードを所有するメリットを大別すると以下の5つ。

  1. ステータス性抜群で信頼度◎
  2. スタバやセブンイレブンで還元率アップ
  3. Amazonなどネットショッピングで還元率アップ
  4. サポート窓口「JCBプラザ」で海外でも安心
  5. OkiDokiポイントは交換先が豊富で使い勝手◎

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.ステータス性抜群で信頼度◎

日本初の唯一の国際ブランドである「JCB」は、その歴史的な価値から世間からの信頼度は◎

1961年にJCBの前身である日本クレジットビューロー(略称JCB)が国内2番目のクレジットカード会社として設立。

その後1981年に海外へ進出を果たし世界から認知されているため、JCBが直接手がける「JCB ORIGINAL SESRIES」はステータス性がかなり高いです。

特にJCB一般カードやJCBゴールドカードは、同ランクの他のクレジットカードと比較しても信頼度・ステータス共に群を抜いていますよ。

2.スタバやセブンイレブンで還元率アップ

「JCB ORIGINAL SERIES パートナー」でショッピングをするとポイントが数倍貯まります。

対象店舗には実店舗が多く、スタバやセブンイレブンも含まれており、普段使いでもポイントが貯まりやすそうですね。

店舗 合計還元率
セブンイレブン 2.0%
Amazon 2.0%
一休.com 1.0%
スターバックス* 5.5%
高島屋 1.5%
ビックカメラ 1.0%
ワタミグループ店舗 2.0%
ニッポンレンタカー 1.0%

*スタバはスターバックスカードのチャージがポイントアップ対象

上記はJCBで高還元となる特約店の一例です。他にも飲食店やショッピングモールなど、2022年4月現在58ブランドが特約店として高還元の対象ですよ。

3.Amazonなどネットショッピングで還元率アップ

JCBカードでは会員専用のポイントモール「OkiDokiランド」を経由したネット通販で還元率が最大20倍アップ

提携店舗数400以上、ポイント最大倍率は20倍で、ショッピングのほかにもCM動画を視聴したり、アンケートの回答をすればポイントがもらえたりもするので楽しみながらOki Dokiポイントを貯めることもできます。

通販サイト 合計還元率
Amazon 2.0%
Yahoo!ショッピング 1.0%
ヤフオク 1.0%
ベルメゾンネット 1.0%
JTBトラベル 1.0~1.5%
エクスペディア 1.5~2.0%
伊勢丹オンライン
高島屋オンライン
阪急オンライン
小田急オンライン
成城石井.com
大丸松坂屋オンライン
近鉄百貨店ネットショップ
1.0%
イオンショップ 3.0%

なかでもAmazonでの還元率には目を引くものがあり、JCB CARD Wを使うと還元率は2.0%とAmazon公式クレカに遜色ないほどポイントが獲得できますよ。

4.サポート窓口「JCBプラザ」で海外でも安心

JCBの海外旅行サポート窓口、「JCB PLAZA」を使えます。(国際ブランドがJCBなら使える)

JCB PLAZA

現地で観光情報案内や、ホテル・レストランの予約、そしてカード紛失時の対応など、あらゆるシチュエーションをサポートしてくれます。

さらに、一部主要都市(アメリカ・韓国・台湾・中国・シンガポール・タイ・フランス)には「JCB プラザ ラウンジ」が設置されており、空港ラウンジのようなサービスを受けられます。

5.OkiDokiポイントは交換先が豊富で使い勝手◎

JCBプロパーカードで貯まるポイントはJCBの「Oki Dokiポイント」

必要な最小ポイント 交換先の単位
楽天ポイントへの交換 200ポイント 800ポイント
Tポイントへの交換 500ポイント 2,000ポイント
Pontaポイントへの交換 250ポイント 1,000ポイント
dポイントへの交換 200ポイント 800ポイント
WAONポイントへの交換 200ポイント 800ポイント
Walletポイントへの交換 200ポイント 800ポイント
nanacoポイントへの交換 200ポイント 1,000ポイント
ANAマイルへの交換 500ポイント 1,500マイル
JALマイルへの交換 500ポイント 1,500マイル

交換レートこそ揺らぎがありますが、交換先の豊富さは光るものがあります。

上記表はOki Dokiポイント→他社ポイントへの交換レートですが、もちろんこれはごく一部。

交換先はiTunesやGoogle Playのギフトコード、ディズニー系のオリジナルグッズなどなど多岐に渡るので使い道には困りませんね!

JCBカードの2つのデメリット

JCBカードのデメリットは大きく分けて2つ。

  1. 基本還元率がいまいち
  2. VISAやMastercardより加盟店数が少なく海外での使い勝手△

発行前に確認しておきましょう。

1.基本還元率がいまいち

JCBカードの還元率は0.5%と、楽天カード(還元率1.0%)などいわゆる“高還元率カード”と比較するとかなり低めです。

なかにはJCB CARD Wのように基本還元率が高いカードもありますが、基本的には一般カードでもゴールドカードでも同じく0.5%。

しかし以下のように還元率アップのチャンスがたくさんあるので、実は思っている以上にポイントが貯まりやすいかもしれません。

  • 「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」でポイント倍〜
  • 「OkiDokiランド」経由のネットショッピングでポイント倍〜
  • 年間利用額に応じたボーナスポイントがある(JCB STAR MEMBERS)

年間利用額に応じたボーナスポイントがある(JCB STAR MEMBERS)

なかでも還元率アップに期待できるのが、年間利用額に応じてボーナスポイントがもらえる「JCB STAR MEMBERS」というサービス。

JCBスターメンバーズ

例えばJCBゴールドでは最大で0.8%とまずまずの高還元率に。

300万円以上使うのはなかなか難しいですが、100万円くらいなら現実的。還元率は0.75%になるので、ポイントが貯まりやすい部類になりますね。

対象外のカードもあるが...
JCBプロパーカードのなかでもJCB CARD WやエクステージはJCB STAR MEMBERSの対象外。

しかしそれぞれのカード特典で還元率がアップするサービスが付帯しているので、気にしなくてOKです。

  • JCB CARD EXTAGE→エクステージボーナス(還元率0.75%)
  • JCB GOLD EXTAGE→エクステージボーナス(還元率0.75%)
  • JCB CARD W/plus L→常時ポイント2倍(還元率1.0%)
  • JCB CARD R→リボ手数料発生でポイント4倍(還元率2.0%)

2.VISAやMastercardより加盟店数が少なく海外での使い勝手△

当たり前の話ですが、JCBカードで選択できる国際ブランドはJCBのみ。

JCBはやはりVISAやMasterCardと比較すると、加盟店が圧倒的に少なく、海外だと決済できない地域も多いです。

海外旅行にJCBゴールド1枚で行く、というのはおすすめできません。(VISAにしろMasterCardにしろ、海外は複数のカードを持っていきたいところですが。)

国内での使い勝手は抜群

確かに海外では使い勝手が決して良くないJCBですが、国内での利便性は抜群

日本発の国際ブランドということもあり、ほとんどのカード決済可能店舗でJCBカードを利用できます。

15〜20年前まではJCBしか使えない店も多かったみたいです。(主に地方都市)

逆に最近ではVISA・MasterCardしか使えない店も増えてきているみたいですが、カード決済の守備範囲を広げるという意味では、JCBのカードを1枚持っておいていいと思います。

アメックスやディスカバーカード加盟店でも使える
JCBはアメックス・ディスカバーカードの2つの国際ブランドと加盟店を相互開放しています。

つまり、アメックス・ディスカバーカードを使えるところなら、JCBでも決済できるわけです。

ディスカバーカードはアメリカで主要な国際ブランドなので、JCBカードでもアメリカくらいなら使いやすそうですね。

ハワイ・グアム・台湾などは加盟店が多く使いやすい

世界全地域で考えるとJCB加盟店は少ないですが、日本人がよく観光にいく、ハワイやグアム・台湾・韓国はJCB加盟店はかなり多いです。

“海外ならこのあたりしか行く予定ないなー”という感じならJCBゴールドでも不自由を感じることは少ないでしょう。

海外出張が多い、旅行大好き、という人はやはりVISAかMasterCardブランドのカードを持っておきたいところです。

結論:おすすめのJCBカードはどれ?

当然ですが人によってどのJCBカードがおすすめかは違ってきます。

ただ、大まかな基準はこんな感じでいいでしょう。

グレードアップを目指していくなら「JCB一般カード」

維持費をかけず、スタンダードなカードが欲しい人は「JCB」一般カードがおすすめ。

JCB一般カード

JCB一般カード

  • JCB
JCBの中でスタンダードな一枚。将来的にゴールド、プラチナとステップアップしたい方も、まずはここから。
  • 海外◎
  • スピード発行
  • 電子マネー
  • 初めて

JCBゴールドの審査に今はまだ自信がない人も、まずはJCB一般カードで利用実績を積むのが取得の近道なはずです。

JCB一般カードJCB一般カード

最近はハイスペックなJCBカードWに人気負け感はあるものの、世代を問わず通じる堅実なJCBプロパーカードと言えばやはりこれ。信用ある一人前の社会人として見られたいあなたにオススメしたい一枚です。将来的にJCBゴールド、JCBプラチナ…とステップアップしたい方も、まずはここから。

WEB申し込みなら最短即日発行!JCB一般カード公式サイトをみる

39歳以下なら「JCB CARD W」

一般カードが欲しい人の中でも、39歳以下ならJCB CARD W一択

JCB CARD W

JCB CARD W

  • JCB
年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み&39歳以下限定JCBプロパーカード。
  • 節約◎
  • 買い物◎
  • 初めて

ポイントの貯まりやすさは数あるJCBプロパーの中でも群を抜いており、還元率は楽天カードに匹敵するほど。

一度取得さえしてしまえば40を過ぎても使い続けられるので、早め早めの申し込みを!

JCB CARD WJCB CARD W

比較的新しいカードなので知名度は高くありません。しかし、いざ使ってみたらあまりにオトクで「このカードは誰にも教えたくない」と思うかもしれません。39歳以下の全ての方、特にAmazonを使う人には絶対的な自信を持ってオススメしたい一枚です。実益を求めるクレバーなあなたの頼もしいパートナーとなるでしょう。

WEB申込限定だからこそ、申込手続が手軽!JCB CARD W公式サイトをみる

20代でゴールドカードが欲しいなら「JCB GOLD EXTAGE」

20代でゴールドカードが欲しい人は、JCB GOLD EXTAGEがおすすめ。

JCB GOLD EXTAGEカード

JCB GOLD EXTAGEカード

  • JCB
29歳以下限定の若者向けJCBのゴールドカード。入会後3ヶ月間はポイントが3倍、4ヶ月目以降は1.5倍。
  • 初めて

条件的には20代でもJCBゴールドも申し込みできますが、やはり審査難易度は高く、年会費も1万円と高額。

JCB GOLD EXTAGEカードJCB GOLD EXTAGEカード

日本唯一の国際ブランド「JCB」が直接発行の20代限定のゴールドカード、JCB GOLD EXTAGE。年会費3,000円にも関わらず、サービス内容はJCBゴールド(年会費1万円)に遜色なく、国内の主要空港ラウンジサービスや旅行保険も超充実。初回更新時(5年後)にJCBゴールドに自動アップグレードとランクアップの道筋も明確で、将来的にJCBのハイステータスカードを取得したい人にも非常におすすめです。

ステータス重視なら「JCBゴールド」

30を超えているなら、やはりJCBゴールドがおすすめ。

JCBゴールド

JCBゴールド

  • JCB
国内主要空港ラウンジや、自動付帯の旅行保険なども充実したステータスカード。格式ある一枚。
  • スピード発行
  • ステータス

正直なところ“お得さ重視”の人には、楽天プレミアムカードなど他におすすめできるカードがあります。

しかしJCBブランドという高い信頼性を求める人、また将来的にJCBのハイステータスカードを取得したい人にはピッタリでしょう。

JCBゴールドJCBゴールド

日本の国際ブランド、JCBのプロパーステータスカード。国内の主要空港ラウンジサービスが付帯し、旅行保険も超充実の自動付帯。年間100万円以上ほど使う場合はプライオリティ・パスも付くラグジュアリーな招待限定上位カード「JCBゴールドザプレミア」へのランクアップも。どこで出しても恥ずかしくない一枚と言えるでしょう。ポイント還元率よりも「安心」や「信頼性」を求める、海外によく行く方に特におすすめです。

今ならオンライン入会で初年度年会費無料!JCBゴールド公式サイトをみる
おすすめの記事